バイナリーオプション業者は比較する必要がない理由【騙されるな】

バイナリーオプション業者は比較する必要がない理由【騙されるな】
バイナリーオプション業者の比較サイト、たくさんありすぎて悩むんだけど。
比較なんていらないんよね。ランキングサイトは全部ステマだから。

上記会話を深掘り。

『どのバイナリー業者を使おうかな?』と悩んでいるあなたへ。

バイナリーオプション業者を、いくつも比較・検討する必要は一切ないですよ。

バイナリーオプション業者は比較する必要がない理由

バイナリーオプション業者は比較する必要がない理由

3つの理由

  • 使うべき業者は1つだから
  • 国内バイナリーはルール改悪により選ぶべきではないから
  • 各業者、デモ取引で比較できるから

上記のとおり。

失敗したくないからこそ、ゆっくりじっくり比較しますよね。僕もそうでした。

しかし『結局決められない・・・』とか『よく分からなくなってきた・・・』とか。始める前から疲れ切ってしまうんすよね。
バイナリーオプション業者選びに関しては、めんどうな比較検討は不要。

順番に見ていきましょう。

使うべきバイナリーオプション業者は1つだから

Highlow.com(ハイローオーストラリア)を選んでおけばまず間違いないですよ。

僕はHighlow.com運営会社の社員でも何でもないです(笑)

あくまでも『明らかに他の業者より優れている』ので、使ってるって感じ。

2021年現在、以下の点でハイローオーストラリアが最も人気です。

  • ペイアウト率が1番高い(最大2.3倍)
  • 短期取引が可能
  • 転売・トレーダーズチョイスなどの機能充実
  • 運営歴10年以上の安心感
  • 取引手数料なし

※詳しくは【断言】バイナリーオプションのおすすめ業者は「一択」です【Highlow.com】の記事でまとめてあります。

ようは他のバイナリーオプションより、圧倒的に「好条件」ってこと。

比較する必要なんてないんだよ。「1番稼ぎやすい」から、利用者数No,1なんだもん。

国内バイナリーはルール改悪により選ぶべきではないから

比較対象として国内バイナリー業者を並べてるサイトもあるけど、完全に罠です。

本格的にバイナリーをやる場合、国内バイナリー業者を選ぶ人はいません。

というのも、日本はバイナリーのルールを年々厳格化。

今や『それ、もはやバイナリーじゃないよね?』という感じになってるんすよね。

国内バイナリーのルール

  • ペイアウト上限1,000円
  • BET上限も1,000円
  • 短期取引禁止(最短2時間から)
  • 取引回数1日12回まで

たしかに、安心・安全の日本製バイナリー業者。宣伝してる人も多いです。

しかしHighlow.comを始め、海外にも安全性が保たれている業者はいくらでもありますよ。

各業者、デモ取引で比較できるから

いくらカタログスペックを眺めても分かりづらい。実際に体験する方が手っ取り早いです。

ほとんどのバイナリー業者には、無料デモ取引が存在。

簡単にいうと「お試し」であり、化粧品サンプルやオンラインゲームの無料体験版と同じですね(笑)

デモ取引で分かること

  • 取引は簡単にできるか?
  • 操作方法は?
  • 実際のお金の動きは?
  • 勝てそう?勝てなさそう?

上記のとおり。

ハイローオーストラリアにもデモ取引があるんで、試してみると良いと思います。

他の業者と比較したい場合、「(業者名)デモ取引」とかでググってみると良いよ。

数値や利用者数、口コミなどの情報はオマケ。

あなた自身に合う・合わないかが重要なんで、デモ取引だけ見て回れば十分です。

【疑問】バイナリーオプション業者を比較すると何が分かるのか?

【疑問】バイナリーオプション業者を比較すると何が分かるのか?

  • ペイアウト率
  • 安全性
  • 知名度や利用者数

ほとんどのサイトが、上記のようなカタログスペックを並べてますが・・・。

Highlow.comが、全ての項目でトップなんすよ(笑)

比較するまでもなく、すでに答えは出てます。

『たくさんある中から、あなた自身が選んでいる』という演出のために、わざわざ数多くのバイナリー業者を紹介・比較している状況。偽善者もいいとこですよ。

ペイアウト率の高い・低い

「High/Lowを的中したときに掛け金が何倍になるか?」の数値のことで、最も重要です。

1万円が2万円になるか、2.3万円になるか。

1回ごとの利益に直結するペイアウト率は、高いに越したことはないわけですよ。

業者名 最低ペイアウト率 最高ペイアウト率
Highlow.com(ハイローオーストラリア) 1.85倍 2.30倍
TheOption(ザ・オプション) 1.77倍 2.00倍
zentrader(ゼントレーダー) 1.70倍 1.95倍
SonicOption(ソニックオプション) 1.74倍 2.02倍
TRADE200(トレード200) 1.74倍 2.00倍
日本のバイナリー業者 一律1,000円

上記のとおり。

※ハイローオーストラリアのペイアウト率について詳しくはハイローオーストラリア全取引のペイアウト率【狙い目も解説】の記事をどうぞ。

Highlow.comが勝ちやすいとされる最大の理由がこれ。ペイアウト率が高い=当てた時の利益が大きい、だからね。

安全性の高い・低い

一部の海外業者を除き、基本的にはどの業者も安全です。

トラブル多発するバイナリー業者は、通報されて営業停止になりますからね。

たまに、以下のようなステマを見かけます。

比較サイト:『国内バイナリー業者は日本製なので安心!しかし海外バイナリー業者は危険です!!個人情報を抜かれたりします!注意!!!!!』

安全性しか「ウリ」のない、日本のバイナリー業者によるセールストーク。

しかし、ハイローオーストラリアだって普通に安全ですよ(笑)

Highlow.comの安全性

  • 運営歴10年以上
  • 利用者数30万人超
  • 取引歴5年目の僕、トラブル遭遇ゼロ

上記のとおり。

何を持って「安全」なのかは人それぞれですが、少なくとも僕は全く問題なく利用できてます。

怪しい電話もないし、ネット上に個人情報が晒されたりも、全くないです(笑)

「勝てないけど安全」より「勝てるし安全」なバイナリー業者が人気になるのは当然よね。

利用者数・知名度の多い・少ない

「1番人気を使いたい」という人は、迷わずハイローオーストラリアでOKです。

ハイローオーストラリアの利用者数は、2020年の時点で30万人超。

コロナ自粛の影響により「自宅副業」が流行ったことでさらに加速してます。

Highlow.com公式サイト上で、30万人以上の利用が公言されています

各バイナリー業者の登録者数(概算)

  • Highlow.com 30万人超
  • TheOption 7万人
  • 楽天オプション 1.5万人
  • GMOクリック証券 2.7万人

FXに比べ、まだ知名度が少ないバイナリーオプション。

そんな中でも、ハイローオーストラリアの人気が圧倒的だと分かるはず。

何で人気か、もう分かるよね?
なるほど・・・稼ぎやすいってことか。人気パチンコ店とおんなじやね。
そう。「100%勝てる」ものじゃないにしろ、可能性が高い方を選びたいからね。

【注意】「徹底比較!」などと謳うサイトは広告収入狙いのステマです

【注意】「徹底比較!」などと謳うサイトは広告収入狙いのステマです

試しに「バイナリーオプション 比較」でググってみると・・・。

全部とは言いませんが、ステマサイトばかりなんすよね(笑)

「バイナリーオプション 比較」でGoogle検索した結果

なぜこんなにも比較させたがるのか?闇を暴いていくよ。

広告料の高い順に掲載されたランキング

ランキング形式で比較されているサイトは、順位が意図的に操作されてます。

比較サイトを読んだ人が、いずれかのバイナリーオプション業者に登録。

すると、サイト運営者に報酬が支払われるシステムですね。

いわゆる「アフィリエイト」と呼ばれるもの。企業としては自動的にお客さんを連れてきてくれるんで、利用者数アップのための素晴らしい仕組みだとは思います。

しかし、悪用するサイトが多数。

そのため比較が全く参考にならず、初心者を迷わせる原因となってます。

比較サイトの闇

  • 国内・海外問わず大量のバイナリー業者と広告提携
  • 報酬額が高い順にランキング
  • 報酬額が低い業者は、あえてデメリットばかり書く

上記のとおり。

情報の正しい・誤りなど完全無視。

シンプルに広告費をたくさん出してくれるバイナリー業者を宣伝してます。

『徹底比較したよ!参考にしてね!』とか言ってるのに、実態は完全に金目当て。

「数うちゃ当たる理論」でゴミ業者まで紹介

比較の対象とするべきではない、詐欺・イカサマ業者まで掲載してるサイトもあります。

ステマサイト運営者は、『とりあえずどれかの業者に登録しろや!そうすりゃ俺にカネが入るんや!』という自己中な考え。

そのため、完全なるゴミ業者まで掲載してるサイトが存在するんすよね。

絶対に登録してはいけないバイナリー業者

  • SimPop
  • Byne
  • オールオプション
  • オンバイナリー
  • iOption

上記のとおり。

全て過去に詐欺被害の実例がある、悪質なバイナリー業者です。

国内バイナリー業者はライターまで雇って印象操作?

国内バイナリー業者のみ宣伝してるサイトは、決まって海外業者を「危険」と言ってます。

「比較」なのに、国内業者のみに限定して紹介しているサイトが多数あります

え?せっかくの「比較」なのに、日本の業者だけ?

国内バイナリー業者はルール改悪でまともに取引できないのに?(笑)

Highlow.comを始めとする海外業者から、国内業者へと利用者を奪い返すためのステマ。企業の戦略といえばそれまでですが・・・やり方がセコいんすよね。

せめて比較するなら、海外バイナリーも含めないと。

国内バイナリーだけの比較サイトなんて、『サッカーを始めたい人にバスケットボールのカタログ見せてる』ようなもんですからね(笑)

比較サイトはステマばかり。参考にする必要なんてないと思うよ。

まとめ|バイナリーオプション業者は比較の必要なし

本記事の結論をまとめます。

  • バイナリーオプション業者は比較などする必要がない
  • 使うべき業者は現在、ハイローオーストラリアの一択で良い
  • ペイアウト率・安全性・人気など、全ての面でトップです
  • 比較サイトは、広告収入狙いのステマ
  • 意味もないのにあえて比較させようとするのは、「カネ」というゲスい狙いがあるからです

色々な業者を比較するのは、時間の無駄とも言えます。

シンプルに「1番条件が良い」バイナリー業者を選べばOK。

それが、現時点ではHighlow.com(ハイローオーストラリア)ってだけです。なので今後もし、もっと好条件のバイナリー業者が出てきたら、僕もすぐさま乗り換えます(笑)

ネット上には初心者を惑わすステマサイトが多数。

この記事が1人にでも多く読まれ、無駄な比較検討の時間が減ることを祈ります。

それじゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です