バイナリーオプションにピッタリなパソコンの失敗しない選び方

バイナリーオプションで稼ごうと思い、パソコンを新しく買おうと思ってるなら、ちょっと待ってください。

確かにパソコンを置いて、モニタを何枚も繋いで稼いでる人は居ます。

ですが、そんな人は雇われて仕事で取引をしているか、投資だけで食ってる人くらいです。

バイナリーオプションで月に数万円を稼ごうってくらいならスマホでもできるんで、パソコンをわざわざ買わなくてもOK。

スマホ取引画面

スマホ1台でも勝てるんで、無理に買う必要はないです。

ですが、結局パソコンの方が良いと答える人が多いのは事実。その理由は・・・

スマホだと最適なタイミングを逃してしまうかもしれないからです。

だからパソコン推奨と言われてます。新品をわざわざ購入する必要はないですが。

なんせ取引の道具なんか今あるもので良くて、大事なのは取引の練習です。無料でいくらでも練習できるので、やってみてください。

バイナリーオプションの練習場はこちら

これから新品のパソコンを買おうかなーとお悩みのアナタには、バイナリーオプションをするのに必要なパソコンの性能について説明するので、参考にどうぞ。

バイナリーオプションにピッタリのパソコン

バイナリーオプションにピッタリのパソコン

必要最低限の性能が揃ってたら何でも良いですよ。

ですが、パソコンを家電量販店で買うのはお金を無駄にする可能性があります。

家電量販店の店員にはノルマがあるので、余計なモノを買わせるプロです。

なので必ずネット通販でパソコンを購入しましょう。店舗で買うより比較的安く手に入る可能性が高いです。

バイナリーオプションに必要なパソコンの性能

最低でも以下の性能を持ったパソコンを選ぶと、間違いないです。

パソコンの種類 Windows
モニターの大きさ 14型以上(ノートパソコンの場合)
CPU Core i5またはRYZEN5以上
メモリ 8GB以上
無線LANの規格 IEEE802.11ac対応

以下の販売業者なら性能で絞って探せます。

どのくらいの値段になるのかというと、新品だと安くても8万円あたりからと結構します。

ですが、あまりケチると動作が重くてバイナリーオプションの取引に支障をきたします。

安物を買って、後で高い性能にアップグレードする・・・となると、余計にお金がかかったり、改造に手間がかかります。

なのでパソコンを買おうと思っているなら、それなりに良いものを選んだ方が結果的に安く済みますよ。

Windowsを選ぶ理由

  • Windowsの方がMacより安いから
  • 多くのソフトがWindows対応だから

という事でバイナリーオプションをするためにパソコンを買うなら、Windowsが最適です。

画面の大きさ

ノートパソコンなら14型以上。デスクトップなら何でもOKです。

ノートパソコンの画面が小さいと、

  • 値段が上がる
  • 画面が小さくなり、見づらくなる

だけどノートパソコンの画面が大きすぎると、持ち運ぶには重いしデカくなる。

というわけでバランスが良いと言われている14型がベストです。14型で良いのがなければ、大きめのサイズから探してみましょう。

CPU・メモリ・HDD/SSD

なんのこっちゃ分からん

オフィス仕事をしている人に例えると

PC性能の説明

って感じ。なので、出来るだけどれも性能の良いものを選んだ方が良いって事は、分かるかと思います。

だけど、性能が良ければ値段が高くなります。

バイナリーオプションで取引するなら以下の性能があれば十分なので、最高性能にしなくても大丈夫です。

CPU Core i5またはRYZEN5以上
メモリ 8GB以上
HDD/SSD 特に考えなくて良い

HDD/SSDの容量は少なくても後から足せるんで、気にしなくて良いです。

ちなみにHDDとSSDの違いは

HDD SSD
値段 安い 高い
速度 普通 速い
耐久性 弱い 強い

どっちにも良し悪しがあります。財布と相談して決めて下さい。

CPUについて

CPUについて

CPUっていうのはパソコンにとっては頭脳の部分。ここがポンコツだと、動作が重くなります。

バイナリーオプションを本気でするならIntelのCore i5以上かAMDのRYZEN5以上のCPUが良いですよ。

Intel製はCoreとは別にPentiumとかCeleronとか色々と種類がありますが、迷わずCoreシリーズで。

他のでも探せば性能の良いモノが見つかりますが、Coreシリーズの方がコスパが良いです。

その中でもCore i5が価格的にも性能的にもバイナリーオプションをするには最適。

AMD製のRYZENは数字が小さいか大きいかですぐ分かります。RYZEN5以上であればOK。

比較すると、どっちもどっち。って感じです。

値段
Intel製 高い 抑えぎみ
AMD製 Intelよりは安め Intelより熱い

というわけで、パソコンの頭脳であるCPUはCore i5かRYZEN5を選びましょう。

メモリ

メモリは8GB以上のパソコンを選んでください。

それなりに能力が高いCPU(頭脳)を使ってるんで、パソコンには余裕をもって作業してもらえるように、多めにしています。

パソコンは機械ですが、ギリギリで作業させてると動作が遅くなる事があります。

バイナリーオプションの取引をしようって時にカクカク動かれたらストレスでしかないんで、滑らかに動けるような性能にしておきましょう。

通信性能

通信性能

バイナリーオプションをパソコンでするなら、なにより通信速度が大事です。

といっても、最近のパソコンはほとんど同じ規格なので、気にしなくても大丈夫です。

IEEE802.11ac対応かどうか確認だけしておいてください。

多分どのパソコンにも通信規格の欄には「IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応」と表示されてます。「ac」が付いていればOKです。

その横に最大速度も表示されていて、もちろん数字がデカい方が通信速度が速いです。

ですが、パソコンの通信性能が良くても、契約する回線がノロマだと意味ないんで、光通信を契約しましょう。

バイナリーをパソコンでやるメリット・デメリット

バイナリーをパソコンでやるメリット・デメリット

バイナリーをパソコンでやるメリットとデメリットそれぞれありますが、絶対パソコンを買った方良い。という事はないです。

パソコンを買うメリット

  • カッコいい
  • 取引と分析画面を同時に見れる
  • 色々と使えるので無駄にならない

ノートパソコンをスタバまで持って行って取引すると、稼いでる投資家みたいな気分になれます。

最大のメリットは取引画面と分析ソフト画面が同時に見れる事。スマホでは最適なタイミングを逃して負けを喰らう事もあります。

パソコンを買うデメリット

  • 費用がかかる
  • 初期設定が面倒臭い
  • ノートパソコンじゃないと邪魔になる

元々持っていれば良いですが、新しく買うとなると結構お金がかかります。

しかも初期設定が意外と時間かかるし、少しメンドクサいです。最近はかなり楽になりましたが。

バイナリーオプションをやる為に入れるべきソフト

バイナリーオプションをやる為に入れるべきソフト

パソコンでバイナリーオプションをする時に必要なのは、ブラウザと言われるインターネットを見るためのソフトです。

Windowsのパソコンには最初からInternet Explorerというブラウザソフトが入ってます。

これはWindowsの開発元が作ったソフトなんで必ず入ってますが、実は不人気です。

ブラウザはGoogle Chrome

ブラウザで優秀なのがGoogle Chrome

  • 表示速度が圧倒的に速いから快適
  • 追加できる機能が豊富なので自動翻訳なども可能
  • スマホと同期できる

日本では圧倒的なシェアで36.99%の人が使用しています。2位は15.35%と半分以下。

Internet Explorerは5位の5.39%です。デフォルトでパソコンに入ってるのに、全然使われてないという残念な事に。(笑)

参考:webrage-WebブラウザシェアランキングTOP10

分析ソフトのMT4をインストールする

分析ソフトのMT4をインストールする

MT4はバイナリーオプションで稼いでる人ならほぼ全員入れてる、相場の分析ソフトです。

相場の動きを全て記録し、分かりやすいグラフに変換して表示してくれます。

バイナリーオプションの勝率を上げるには必須のソフトなので、忘れないうちにインストールを。

MT4のインストールはこちら

パソコンでの取引に向いてるバイナリーオプション業者

結論からいえばハイローオーストラリア(HighLow.com)です。

ハイローオーストラリアはスマホが広く普及する前からサービスを提供しているので、パソコンでの取引を想定して作られてます。

なのでハイローオーストラリアは、パソコンでの取引にはピッタリの業者です。

まとめ:バイナリーの取引に新しいパソコンは必要?

バイナリーの取引に新しいパソコンは必要?

バイナリーオプションをこれから始めようとするなら、今あなたが持ってるもので十分です。

スマホでも、ちょっと古いパソコンでも取引にさほど支障ありません。

なので無理して新しいパソコンを買う必要はないです。月5万円を目指すなら手持ちのもので稼げます。

もっともっと稼ぎたいなら、パソコンを使った方が良いです。

今持ってるパソコンでも十分使えますが、新品を買おうと思ってるなら以下の性能以上のパソコンを選びましょう。

パソコンの種類 Windows
モニターの大きさ 14型以上(ノートパソコンの場合)
CPU Core i5またはRYZEN5以上
メモリ 8GB以上
無線LANの規格 IEEE802.11ac対応

さぁ、あとはバイナリーオプション業者で口座を開設するだけで始められます。

たった5分で完了→バイナリーオプションの口座開設はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です