【FXステマ注意】国内バイナリーオプションで勝てない人へ…理由と対策3つ

国内バイナリーで勝てないんだけど、なんで。海外バイナリーは危険らしいし詰んだ。

どうも、国内バイナリーと海外バイナリーどっちも使っているマツオカです。

国内バイナリーオプションは安全性が高く人気ですが、「安心を追求したために勝ちにくい仕組みになった」というのは、紛れもない事実です。

今回は、国内バイナリーで勝てない理由と、勝つための対策を紹介します。

本記事の内容

  • 国内バイナリーで勝てない3つの理由
  • 国内バイナリーで勝てるようになるには?

ちなみに僕は、海外バイナリーがメイン口座です。

国内バイナリーの攻略法をググるとステマや広告だらけで、それが嫌で海外バイナリーに移行しました。ほんとあの無法状態は、なんとかして欲しいですね。

国内バイナリーオプションで勝てない3つの理由

国内バイナリーオプションで勝てない3つの理由

国内バイナリーオプションが勝てない理由は、この3つ。

  1. 規制によるFX化
  2. FXのステマだらけ
  3. 複雑すぎる仕組み

よくある「資金管理ができてないんだ」とか「冷静になれ」とか、そういうつまらん話は、一旦やめときます。

勝てない理由①規制によるFX化

国内バイナリーオプションは、2012年の規制によって大幅に改悪されFX化した。

実際に規制がかかったのは、以下のような仕組み。

  • 規制①:短時間取引の禁止
  • 規制②:ペイアウト率の固定廃止
  • 規制③:開設時に知識確認テスト必須

結果として、1日12回しか取引できない・予想しやすいときにはペイアウト率が低い・テスト受けないと登録すらできない、という国内バイナリーオプションが誕生しました。

別にあなたの取引方法が悪いんじゃない。そもそも「勝てない仕組み」になっているんですよ。

短時間取引で初心者にも始めやすいのがバイナリーの特徴なのに、こんなことならFXやった方が数億倍マシです。

勝てない理由②FXのステマだらけ

国内バイナリーオプション勝てない理由②FXのステマだらけ

国内バイナリーのほとんどが、FX業者だとお気づきでしょうか。

実は、FXの広告は、国内でもダントツのアフィリエイト広告料を取れる。

バイナリー単体の広告料なんてお小遣い程度ですが、FX広告料はマジでエグいです。一生遊んで暮らせるレベル。

国からすると、FX人口が増えたほうが、多額のお金が回って経済活動を活発にしてくれて嬉しい。だから、バイナリーを提供しつつ、そのうちFXに来て欲しい。そんな背景もあって、FX業者がバイナリーを出しているのです。

国内バイナリーオプション勝てない理由②FXのステマだらけ

こういう国内バイナリー業者をすすめてくるFX系ブログは、なにも知らない初心者を狙った広告料目当てなのです。

よく読むと、びっくりするほど根拠が薄い内容をそれっぽく言ってるだけだったりするんで、逆におもしろいですw本当にFXで稼げてるなら、広告料で稼ぐ必要もないのにねw

勝てない理由③複雑すぎる仕組み

国内バイナリーオプション勝てない理由③複雑すぎる仕組み

国内バイナリーは取引画面自体が複雑でして、僕も取引方法を覚えるだけで一苦労しました。

ペイアウト率の変動性など、複雑すぎる仕組みでバイナリー初心者は離脱しやすい。

国内バイナリーで勝てないのは、ほとんどが初心者トレーダーです。

初心者は「楽に稼げそう」という認識の人が多いため、そのイメージを打ち砕くためにも、あえて複雑な仕組みを取り入れています。楽に稼げる投資のイメージなんかが広まってしまったら、人は投資で稼いで働かなくなりますよね。そんなの国としては困るじゃないですか。

なので、国内バイナリーは初心者が楽に勝てないように、複雑な仕組みになっているのです。

僕も最初は国内バイナリーを使ってましたが、海外バイナリーのデモ画面を見たらビビるほどシンプルで「必死に勉強してた時間返せ」ってなりましたw

国内よりも海外バイナリーのほうが勝てるという真実

国内よりも海外バイナリーのほうが勝てるという真実

国内バイナリーで勝てないなら、海外バイナリーにしよう!と思った方。

ちょっと待ってください。

海外バイナリーのほうが圧倒的に勝ちやすいが、危険もある。

「おいおい、話が違うじゃねえか」と怒らずに、聞いてくださいね。

【比較】国内バイナリーと海外バイナリー

比較項目 国内BO 海外BO
口座開設にかかる時間 1週間程度 1分〜5分
知識確認テスト あり なし
取引時間 2時間〜 30秒〜
取引できる回数/日 1日に12回まで 無制限
ペイアウト率 時間によって変動 1.8~2.3倍で固定
安全性

国内バイナリーと海外バイナリーを比較すると、こんな感じです。

パッと見、「海外バイナリーは規則がゆるそう」なのがわかるでしょうか。

海外バイナリーは規則がゆるいけど、規則違反にめちゃくちゃ厳しい。

国内バイナリーだったら「あなた違反してます?口座凍結しますよ?」みたいに注意してくれて、わりと親切なんですが。海外バイナリーは、比較的ドライでバッサリ切られます。

ただの問い合わせなんかは、丁寧なんですけどね。

国内バイナリーオプションは安全性が高い?

  • 国内バイナリー:日本国内に運営会社の拠点を置いた業者(金融庁認可あり)
  • 海外バイナリー:海外に運営会社の拠点を置いた業者(金融庁認可なし)

「海外バイナリーは金融庁の認可がないから危険デス!!!!!」って言ってるサイト(だいたいFXステマサイト)は多いですが、日本の金融庁の許可がなくても、拠点のある国の金融庁の認可はあるという業者がほとんど。

国内バイナリーオプションは安全性が高い?

なので、日本の金融庁の認可がない=危険というのは、視野が狭すぎる考えですね。アメリカ人に「日本語が通じない」ってブチギレてるのと一緒。

どこかの国で金融庁の認可を受けていれば、安全であると判断してOK。

ただ、ハイローオーストラリアのような日本でも人気の海外業者にしておいた方が、情報量が多く攻略法も豊富だと思います。(→ハイローオーストラリアの会社概要欄

というわけで、結論はこちら。

  • 国内バイナリー:あまり勝てなくても、絶対的安心感がほしい人向け
  • 海外バイナリー:そこそこ安全で、勝てればいい人向け

ちなみに僕はハイローオーストラリアを6年使ってますが、口座凍結も出金トラブルも一切ありません。海外が使えなくなったら嫌だな…と思って国内も開設しましたが、そっちは完全に放置状態です(笑)

国内バイナリーオプションで勝てない人の対策3つ

国内バイナリーオプションで勝てない人の対策3つ

海外バイナリーのほうが勝てる?いや、それでも国内バイナリーで勝ちたい!!!

そんなあなたに、勝つための対策を3つ紹介します。

  1. 勝てる時間帯を狙う
  2. 少額取引でコツコツ勝つ
  3. デモ取引で練習する

国内バイナリーで勝つには、勝てる時間帯を狙ってちまちまと稼ぐのが一番です。

勝てる時間帯をおさえれば、国内海外関係なく勝率アップが可能。

具体的には「22時〜24時」の時間帯で、世界でもTOP2のニューヨーク市場とロンドン市場の取引が活発になり、トレンドが発生しやすい傾向があります。初心者向けである「順張り」を使えば、55%〜60%程度の勝率は出せるでしょう。

また、デモ取引で練習するなら、海外バイナリーの無料デモがシンプルで使いやすいです。国内のややこしい操作は後回しにして、まずは狙った時間帯のトレード方法で勝てるようになりましょう。

安定して勝てるようになったら、国内バイナリーに戻って複雑な操作に慣れていく。時間帯とペイアウト率の仕組みさえわかれば、大きく稼ぐのは無理でもお小遣いの足しにはなるはずです。

  1. 海外バイナリーのデモを使う
  2. 勝てる時間帯で練習
  3. 安定して勝てるまで繰り返す
  4. 国内バイナリーへ戻る
  5. 勝てる時間帯で本取引をする(少額で!)

流れをまとめると、こんな感じですね。

間違っても、本取引で僕みたいに1回で5万円使ったりしないでくださいね…ww(※過去記事「ターボスプレッド30秒取引で23万円稼ぎました」参照)

【結論】国内バイナリーオプションは勝てない

【結論】国内バイナリーオプションは勝てない

国内バイナリーオプションは、勝てない仕組みがいっぱい。FXステマサイトもいっぱい。それでも「どうしても国産肉がいいんだ」という人はいるでしょうし、止めはしません。(おすすめもしません)

でも、勝てないのにはちゃんと理由があるということを知った上で、できる対策をしましょう。

ではまた。

»【コレで月5万円は余裕】バイナリーオプションで稼げる人と稼げない人の違い3つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です