【副業向け】ハイローオーストラリアの勝てる時間帯ランキングBEST3

ハイローの勝てる時間帯ってモロ仕事中で草。

ハイロー攻略法を研究するとき、僕も他サイトを見るんですけど、「いや平日14時おすすめって…仕事なんだけど…」って萎えたんですよねw

というわけで、僕みたいな副業トレーダー向けに、他サイトを参考にして算出した『副業トレーダーが勝てる時間帯ランキング』を紹介します。

本記事の内容

  • ハイローで勝てる時間帯BEST3【副業トレーダー向け】
  • 負ける時間帯もあるから覚えといてね

勝てる時間帯と一緒に、エントリー方法や取引通貨も紹介します。

ハイロー初心者でも試しやすいと思うので、時間を合わせてお試しあれ。

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯【第1位】

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯【第1位】

  • 勝てる時間帯:22:00〜24:00
  • 取引通貨:USD/JPY
  • 取引時間:Turbo・5分
  • おすすめ:ピカピカ初心者トレーダー

勝てる時間帯と、エントリー方法は上記の通り。

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯は、とりあえず22時〜24時をおさえておけば間違いないです。

勝てる時間帯:22時〜24時

通貨ペア シェア率
USD(アメリカドル) 45%
EUR(ユーロ) 16%
JPY(日本円) 20%
シェア率の高いロンドン市場とニューヨーク市場において、最も取引が活発になる時間帯のため、トレンドが発生しやすい。

トレーダーの間では「ゴールデンタイム」とも呼ばれていて、超王道の勝てる時間帯です。

通貨ペアはEUR/USDも悪くないけど、相場が活発すぎてブレに影響される可能性があるかなと。USD/JPYが比較的穏やか+適度にトレンドが発生しやすくて無難です。

勝てる攻略法:順張り

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯攻略法:順張り

実際にやってみた結果は、こんな感じ。22時半頃です。

相場の下落が落ち着いて上がり始めたので、順張りで『HIGH』エントリーしました。

順張りっていうのは、そのまま波に乗ってエントリーする方法です。

正直、エントリー1分後あたりは横ばいで、転売しかけましたwwでも耐えたらちゃんと上昇していったので一安心ww

ターボ5分ならこういうブレにも影響されにくいんで、取引時間は一番長い5分がいいですよ。

おすすめ:ピカピカ初心者トレーダー

勝てる時間帯でありながら、一番取引しやすい最強の時間帯!

ピカピカ初心者向けといいつつ、プロトレーダーにも一番人気の時間帯ですw

コレを読んでるあなたが今「22時〜24時」の間なら、1回デモ取引で試してみる価値はあるかと。

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯のおすすめ:ピカピカ初心者トレーダー

①Turbo、②5分、③USD/JPYです。

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯【第2位】

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯【第2位】

  • 勝てる時間帯:01:00~03:00
  • 取引通貨:EUR/USD
  • 取引時間:Turbo・3分
  • おすすめ:眠れない闇トレーダー

僕みたいに昼夜逆転しちゃって眠れないあなたは、深夜の勝てる時間帯を有効に使いましょう。

勝てる時間帯:1時〜3時

ロンドンの投資家がいなくなり、アメリカの投資家だけになる時間帯。穏やかなレンジ相場になりやすい。

日本でも深夜なので、アメリカの偉い人が爆弾発言でもしない限り、とても穏やかです。

ちなみに24時〜1時は、ロンドン市場がクローズする影響で予想外の動きが多いです。だからこの1時間だけは我慢しましょ。

勝てる攻略法:逆張り

順張りが主流だけど、あえて逆張りエントリーでも勝てる。

他サイトをみると順張りがおすすめされてますが、僕は逆張りエントリーのほうが勝率が高いんですよね。あえて主流をやらない僕みたいな物好きは、ぜひやってみてほしい(笑)

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯攻略法:逆張り

こちらが今週の2時半頃のスクショですが、ボコっと動いたタイミングでエントリーしてるのが、わかりますかね。

基本は穏やかなレンジ相場(横ばい)で、たまにポコっと相場が動く→ここで逆張りしておけば、そのうち元に戻ってくるというわけ。

僕は短気なんで3分でやってますが、転売待機できるなら5分の方が勝ちやすいです。

おすすめ:眠れない闇トレーダー

深夜のテンションで、数万をぶちこまないように注意(体験談)

体内時計が合うなら、深夜のトレードは集中できてイイですよ。

専業トレーダーはだいたい深夜に攻めてるらしいし。

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯【第3位】

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯【第3位】

  • 勝てる時間帯:10:00~13:00
  • 取引通貨:USD/JPY
  • 取引時間:HighLow・15分
  • おすすめ:優雅な有給トレーダー

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯の第3位に輝いたのは、有給使ってゴロゴロしてる12時前後。

たまに「昼休みに取引しよう」とか言ってくる専業トレーダーいるんすけど、普通に無理じゃないですかw

同僚に画面見られたらなんかヤダしw休みたいしwww

だから、僕は有給使った日にトレードします。負けても「今日は有給じゃなくて欠勤」と思えばプラマイゼロです。(もはや自己暗示)

勝てる時間帯:10時〜13時

10時前に仲値が決定したら、そのあと大きく値動きすることはほぼない。

勝てる時間帯の第2位と似ていて、穏やかなレンジ相場になりやすい時間帯です。

取引量の少ない東京市場しか開いてない時間帯のため、値動きの幅が狭く逆張りで勝ちやすい。ただ、東京市場のクローズが迫る14時台は荒れ始めるので注意です。

勝てる攻略法:逆張り

値動きの幅が狭いので、スプレッドなしハイロー取引で逆張り狙おう。

穏やかな時間帯は、基本スプレッドなし取引が無難です。

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯攻略法:逆張り

これは11時頃のスクショですが、とても穏やかですよね。

大きく動いても基本的には戻ってくるので、それを狙って、動いたタイミングで逆張りエントリーすればOKです。

また、テクニカル分析がかなり有効になる時間帯。必勝法を試すなら、この時間に練習するといいかもですね。

おすすめ:優雅な有給トレーダー

有給は最高。でも、ハイローで稼げた有給はもっと最高。

コレは僕の個人的趣味ですが、ただの休日に勝つよりも、有給取った休日に勝つ方が快感なんですよ。

「今日の俺は、あのクソ課長よりも日給高ぇぞw」ってなるんで。

ハイローオーストラリアで負ける時間帯は9時台と金曜日

ハイローオーストラリアで負ける時間帯は9時台と金曜日

ハイローオーストラリアの勝てる時間帯を3つ紹介しましたが、逆に負ける時間帯も存在します。

  • 09:00~10:00
  • 金曜日

この2つだけは、覚えておいてほしい。

9時〜10時は中上級者向け

9時に東京市場がオープンし、仲値が決まるまではテクニカル分析がほぼ無意味に。

負ける時間帯の代表として有名なのが、この「9時〜10時」で、一斉に取引が開始されるため大荒れ状態。急に上がったり急に下がったりして、流れすらない状態になります。

9時55分に仲値が決まれば落ち着くんですが、それまではただの運ゲーなので初心者にはおすすめしません。

金曜日は相場が荒れやすい傾向アリ

金曜日は、1週間の中で最も予想がしにくい曜日と言われています。

金曜日はさっきの「勝てる時間帯」も、通用しない場合がある。

土日を前に売ってしまおうと投資家たちが動き出すこともあるし、重要な経済指標も金曜日に発表されることが多いです。

金曜日に取引するとしても、取引金額を控えめにしておくなど安全策を忘れずに。

勝てる時間帯を狙えばハイローオーストラリアを攻略できる

勝てる時間帯を狙えばハイローオーストラリアを攻略できる

ハイローオーストラリアで勝てる時間帯ランキングを紹介しました。

  • 【第1位】22:00~24:00←とりあえずココ
  • 【第2位】01:00~03:00←深夜ならココ
  • 【第3位】10:00~13:00←日中ならココ

こんな感じです。

最後にハイローオーストラリアの営業時間を確認しておきますが、基本的に1日のうち23時間は取引ができます。

ただ知っておいて欲しいのが、「朝7時:ターボ取引ができないけど1日取引はできる」のように、時間帯によってできる取引が違うんですね。ほんとややこしいので、取引しようと思ってる時間帯は、一旦確認してみてください。

  • 営業時間:平日07:00〜翌06:00
  • 土日祝とメンテナンス中は取引できません
  • 取引方法によって営業時間が異なります

詳細はこちら

というわけで、勝てる時間帯を狙って、ハイロー攻略がんばりましょ。

ではまた。

«【第1位】22:00~24:00のエントリー方法に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です