【見ないと損!】ハイローオーストラリアの転売を3STEPで攻略【←タイミングを覚えればOK】

ハイロー初心者
ハイローの転売っていつ使うの?使い方も教えて欲しい

今日はこんな疑問に答えていきます。

  • 転売のメリット・デメリットを解説
  • 転売のやり方を解説
  • 転売を使って利益をあげていく方法を解説

バイナリーオプションのハイローオーストラリアには転売という機能があります。実は、海外のバイナリーオプション業者で転売が使える業者はハイローオーストラリアとザオプションの2社のみなのです。

今回は、そんなレアな転売を使った取引のメリットやデメリット、実際のやり方を解説。後半では転売を有効活用して利益を上げていく方法を紹介します。

2021年2月28日時点でハイローでの利益は月30万8,600円

まだ、プロとまでは言えませんが普通よりは多い方だと思うので、記事の信頼性には繋がるはず。

転売は、簡単ですがちょっとコツが必要なので一緒にデモ画面を見ながら記事を読むとわかりやすいですよ( ̄▽ ̄)

転売をする前に!基礎知識です

転売

✔︎そもそも転売とは
判定時刻を迎える前に、利益や損失を決定させる方法で、自分のタイミングで決済できるシステムがハイローオーストラリアの転売です。

例えば、1万円でエントリーをして負けだった場合、利益は0になりますが、転売を行うことでその損失を4,000円や6,000円に抑えることができます。

要するに、判定時刻まで待たなくても、損や利益を確定できるシステムのこと


↑こんな感じで転売をうまく使えば利益にも!

転売をする際の基礎知識

  • 転売は短期取引では使えない
  • 取引終了の1分前まで
  • 転売で口座凍結はしません

順に解説していきます。

転売ができる取引方法

HighLow 3分・5分・15分・1時間・1日 転売可能
HighLowスプレッド 3分・5分・15分・1時間・1日 転売可能
Turbo 30秒・1分・3分・5分 転売不可
Turboスプレッド 30秒・1分・3分・5分 転売不可

上記のとおり。

転売はHighLowで取引ができます。転売ができない取引方法は、「Turbo」。
超短期取引以外は転売が使えると覚えておけばOK。

転売は取引終了1分前まで

転売可能な時間は判定終了の1分前まで

取引終了の1分前までは転売ができるので、判定時刻ギリギリまで粘ることができるんですよね。転売が30秒や1分取引で使えないのは、単純に判定時間が足りないからってこと。

ハイロー初心者
負けそうになっても転売すりゃ良いのか
マツオカ
利益は下がるけど、損失は抑えられるよ。

転売で口座凍結はしません

ハイロー初心者
転売機能を使うと口座凍結するって聞きました
マツオカ
それはデマだから気にするな。
ハイローオーストラリアに常設の機能なので口座凍結する訳が無いじゃないですか。

口座凍結したって騒いでる人は、転売が原因なんじゃなくて自動売買ツールとかの使用が原因だと思うんです。
僕の友人も口座凍結してましたけど転売が原因ってまずアリエナイ・・・。
【悲報】ハイローオーストラリア初心者の山下くんが口座凍結しました

転売のメリットとデメリット

転売
ハイローオーストラリアの転売機能は魅力的に見えますが何事もデメリットがつきもの。
ここでは簡単にハイローオーストラリアの転売機能のメリットデメリットについて解説します。

転売のメリット

ハイローオーストラリアにおける転売のメリットは通常取引と比較するとわかりやすい。

通常取引 転売
ペイアウト率 取引毎固定 チャートで変動
判定時刻 取引毎に指定 判定時刻の1分前までOK
負けの判定時 全額没収 ペイアウト率によって変化

表にまとめるとこんな感じ。

例えば、5000円でHIGHエントリーした後、相場が予想と逆方向に向かっているとします。

  • 転売をしないまま判定時刻を迎え負けた場合➡︎5000円を失うことになる。
  • 転売をした場合、転売時のペイアウト率になるので損失額を減らすことができる。

よってハイローオーストラリアの転売のメリットは主に2つ。

  • 負けそうな時、損失額を抑えることができる
  • 判定時間前に利益が確定できる
ハイロー初心者
これ、転売使ったら無敵な感じするわ
とは言っても、ハイローオーストラリアの転売にはデメリットがあるのも事実。では次に、デメリットを見ていきましょう。

転売のデメリット

転売は、全額没収になるリスクを低減するための機能。途中で取引を降りるということなので、もちろんデメリットもあります。

  • 確実にペイアウト率は下がる。
  • 転売癖がつく

確実にペイアウト率は下がるので、大きく稼ぐことは難しい。ですがコツコツ地道にやれる人なら転売で戦略的に稼いで行くのは十分にアリだと思います。

ハイローオーストラリアの初心者で予測することに慣れていない人なら、転売で着実に利益を上げるやり方も個人的にはオススメ。

ただ、結果勝てる取引だったのに、途中で転売してしまったが為に損失が出てしまう場合もあるので転売癖には注意しましょう。

転売で稼げる人と稼げない人の違い

転売

ハイロー初心者
俺でも転売で稼げそう。ヨダレ出てきたわ。
マツオカ
そうだっだら良いんだけど、向き不向きあるからね…。

ということで、ここからは転売で稼げる人の特徴・稼げない人の特徴をみていきます。

転売で稼げる人の特徴

  • 感情に左右されない人
  • 損切りができる人
  • 分析や計画ができる人

転売で稼げる人は、「損切りがしっかりできる人」だと思う。

予測を外して熱くなって損益を膨らましたりするんじゃなくて、分析や計画をマメに管理しつつ負け方が上手い人。

↑こんな性格の人だったらけっこう転売の攻略向きかも。
あくまでも僕が周りをみてきて感じた傾向なので、絶対そうとは言えませんが…。

転売で稼げない人の特徴

稼げない人はその逆。

  • 感情に左右されやすい
  • 損を取り返そうとやめられない
  • 計画的ではない人

上記のような人は、転売メインで攻略していこうとか考えない方がいい。
転売機能は無計画かつ感情的に取引してしまうと、取引回数が増えるだけで損が大きく膨らんだりします。
口座の資金は一瞬で溶けたり…。

僕の友人の山下くんは完全にこっちタイプでした。転売機能という決断のポイントが増えたせいで、精神がブレブレになってて怖かったw

僕は「あんな風にならないどこ。」と山下くんを反面教師に転売を計画的に使うようにしてます(笑)

取引をする上でマインドはけっこう利益に直結してくるので通常の取引の際にも精神面がブレブレだとけっこう危ないです。
下記に僕のマインドの整え方と勝ち方の集大成を書いた記事を載せておきます。
【6つのルール】ハイローオーストラリア勝ち方の完全講義【歴6年:僕の集大成】

ハイローオーストラリアの転売攻略法

転売
では、ハイローオーストラリアの転売機能を活用した「転売攻略法」を紹介していきます。
攻略の手順は以下の3ステップでOK。

  • 予測した方向へエントリー
  • 予測の方向へ価格が動いて転売額が黒字になったら転売
  • 予測と反対に価格が動いた場合も転売

とりあえずデモを使って見ていきます。

ハイローオーストラリアのデモ画面は下記リンクから使えます。無料です。
ハイローの公式デモサイト

転売攻略①予測した方向へエントリー

転売
上の画像では、「HIGH」と予測しました。

マツオカ
ここら辺の分析はいつもと同じでOK
この時のコツはこんな感じ。

  • なるべくペイアウト率が高い取引を選ぶ
  • 判定時間にまだ余裕がある取引を選ぶ
  • 「15分取引」がオススメ

上記のとおり。1時間取引や1日取引は待ち時間が長すぎるので、15分取引などが利益を上げやすいですよ。

転売攻略②予測した方向へ動いて転売額が黒字になったら転売

転売
エントリーした時点の価格よりも上がっているのを確認。
転売

上記の状態で「利確」すれば、ペイアウト率が上回っているので利益に。
エントリーした方向の価格から価格が予測した方向へ乖離するに連れて、ペイアウト率が上昇します。15分取引だと5分前あたりで転売するのがポイント。

転売攻略③予測と反対の方向に価格が動いた場合

つまり、損失の状態で転売する場合です。
転売

マツオカ
自分が予測してた方向と違う方向に進むことってあるよね。
転売
↑こんな感じで予測と逆の方向にどんどん進む場合・・・。

この場合は、潔く取引終了5分前には転売して損切りしま〜す!
マツオカ
で、この場合もなるべくペイアウト額が高い位置を見計って転売する。
例えば、上の画像だと、転売しなかった場合は1,000円損失。転売を行った場合はペイアウトが923円なので、77円の損失になる。

損切りで転売を行う場合はなるべく資金を残せるように、いい転売ポイントで迷わずエントリーするってのがポイント。
ここで欲が出るとエントリーのポイントを見失って損失が膨らむので注意。

上記の攻略で、地道にコツコツと利益を上げていくのが転売の攻略。

ハイロー初心者
マメな人しか向いてないって意味がわかったかも。

ハイローオーストラリアの転売で稼ぐコツ

転売
具体的な攻略方法の手順を解説しましたが、ここからはちょっとしたコツ。というよりも転売を使う際の注意点に近いかも。

  • 利確と損切りの基準は作っておこう
  • 経済指標・要人発言の発表前で使おう

上記のとおり。詳しくみていきます。

利確と損切りの基準を作っておく

欲や期待は捨てて、転売を活用すること

転売をするつもりでいても、つい欲が出てエントリーポイントを逃しちゃう←こんなのザラ。
具体的な基準値を作っておけば、そう言った邪念を捨てられる。

ハイロー初心者
具体的な基準値ってどんくらいに設定してんの?
僕の場合はこんな感じ。

  • ペイアウト率が130%以上になったら利確
  • ペイアウト率が70%以下になったら損切り

こんな感じ。これは僕の基準なんですけど、基準を作っておくことが大事。なので、自分なりにこれより広めたり狭めたりして基準に沿って取引をしてみるといいですよ。

経済指標・要人発言の発表前

経済指標の発表など、ミスエントリーをしてしまった場合

予測と大きく逆行しそうなときは、転売機能を使ってリスク回避しましょうってこと。
避けていても間違うことは誰にでもあるので、そういう時の保険が転売機能だと思っておけばOK。

ハイローオーストラリアの転売は場面で使い分けるのが一番

転売
では、この記事の内容をまとめます。

  • ハイローオーストラリアの転売は利確と損切りができる機能のこと
  • 転売をうまく使えば利益を上げることもできる
  • ミストレードした場合は損失を最小限にできる
  • 転売で口座凍結するのはデマです

はい、こんな感じです。

転売をうまく使えば初心者でもけっこう勝率UPするかも。それでは〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です