【使わな損】ハイローオーストラリア逆張りで稼いでみた【初心者向け】

【使わな損】ハイローオーストラリア逆張りで稼いでみた【初心者向け】
ハイロー初心者でも勝てる良い方法ないの?
「逆張り」なら初心者でもカンタンやね
今回はできるだけ簡単な手法をお届けします。
本記事の内容
  • ハイローオーストラリアで逆張りする方法①
  • ハイローオーストラリアで逆張りする方法②
  • ハイローオーストラリアで逆張りする注意点
逆張りって聞くと「あー、難しそう、分析必要でしょ」と思うかも。

ただ、実際やってみると意外と簡単。

ブラック企業で毎日残業まみれ、休日も上司から仕事を振られて消耗してるあなたへ。

ハイローオーストラリアの逆張りでコツコツ稼ぎつつ、貯金すればクソ会社から転職も可能。

3分で読めるんで、サクッとどうぞ。

ハイローオーストラリアで逆張りする方法①

ハイローオーストラリアで逆張りする方法①

逆張りとは、チャートの流れに逆らって予測すること。

つまり、

  • 「価格が上がってる」→ロー
  • 「価格が下がってる」→ハイ

これだけ。

まず、分析の必要がない逆張り手法を紹介します。

逆張りはチャートの性質を利用する手法

逆張りはチャートの性質を利用する手法

  • 上がれば下がる
  • 下がれば上がる

チャート性質は上記のとおり。

なぜなら「買われ続ける、売られ続ける相場」はあり得ないからです。

つまり、1時間や1日で見れば「上がるチャート」だとしても、上下に細かく変動し続けてるんですよね。

逆張りは、変動し続けるチャートの性質を利用します。

最も簡単:価格変動が激しいタイミングを狙って逆張り

今から説明する手法は、短期取引で有効なので30秒を選択。早く取引が終わって忙しいあなたにぴったりw

ハイローへログイン。赤丸がエントリータイミング。

赤丸がエントリータイミング

  • 取引種類:Turbo
  • 取引時間:30秒
  • 通貨ペア:価格変動が激しいもの

通貨ペアは価格の変動が激しいものを適当に選べばOK。

しばらく見ていると、グッと下がるタイミングがあったので「ハイ」を選択。

ハイでエントリー
30秒後、コンビニバイトの時給ゲットw

勝利キャプチャ

  • 購入した金額:1,000円
  • 勝った金額:1,950円
  • 利益:+950円
え、これだけ?
うん、これだけ。
この手法に必要なもの=反射神経。

スマホの格闘ゲームや音ゲーに慣れてれば、尚GOOD。

短時間の逆張りを10回やった結果

短時間の逆張りを10回やった結果

  • 勝ち:7回
  • 負け:3回
  • 購入した金額:10,000円
  • 勝った金額:13,650円
  • 利益:+3,650円

連打した取引もあるんで、3分ほどで3,650円。

え・・・??
なんか普通に働いてる人に申し訳なくなるw
100%勝てるわけじゃないけど、分析も必要ないし楽ですね。
コツ
  • 激しく上下に動いているチャートでやる
  • Turboスプレッドはやらない(TurboでOK)
  • 約定拒否(エントリー失敗)した時は焦らず次の機会を待つ
いきなり会社辞めるのはダメですが、収入源が増えると心のゆとり半端ない。

ハイローオーストラリアで逆張りする方法②

ハイローオーストラリアで逆張りする方法②
続いて、少しだけ分析が必要な手法を紹介。

  • デメリット:分析めんどくさい
  • メリット:取引の正確性が上がる

とはいえ、初心者でも優しいやり方です。

では、いきましょう。

「RSI」を使って分析

mt4
MT4で「RSI」を表示させます。

MT4は、世界中の初心者〜上級者トレーダーが使う分析ツール。

スマホアプリがあるんで、サクッとダウンロードしましょう。

「RSI」というグラフを表示させる理由

  • シンプルで見やすい
  • 買われすぎ、売られすぎが分かる
  • チャートが逆方向に動くタイミングが分かる

rsi
上記の画像がRSI。

  • グラフの数値が70になれば買われすぎ→下がると予測
  • グラフの数値が30になれば売られすぎ→上がると予測

実際にRSIを使って逆張り10回取引

RSIの30にグラフが触れたので、ハイでエントリー。

RSIの30にグラフが触れたので、ハイでエントリー。
結果は下記のとおり。

rsi判定記録

  • 勝ち:8回
  • 負け:2回
  • 購入した金額:10,000円
  • 勝った金額:15,200円
  • 利益:+5,200円

先ほどの取引と合わせて8,850円の儲け。

バイトの日給やん
時間が有り余るから逆に困る
コツ
  • MT4は秒単位で表示不可、1分以上の取引で行う
  • RSIが70または30に触れるのを見逃さない
  • エントリータイミング以外で取引しない

正確性は上がるけど、待つ必要あり

RSIを使った手法のデメリットは、待ち時間が発生すること。

なぜなら、エントリータイミング(70、30)に触れるまで取引ができないから。

上記のタイミングは、しょっちゅうあるわけじゃない。

20〜30分に一回あるかないか。なので、辛抱強さが取引の鍵。

待つのがいやああああという人は、最初に解説した30秒取引がいいよ。

ハイローオーストラリアで逆張りする注意点

ハイローオーストラリアで逆張りする注意点

  • あなたに合ってるかしばらく試す
  • 1日の取引金額を決める
  • クソ上司にマウントを取らない

1つずつ、解説していきますね。

あなたに合ってるかしばらく試す

最低でも100回は試しましょう。

ハイローオーストラリアの逆張り手法が、あなたに合っているかすぐには判断できないからですね。

  • 無料のデモ取引で試す
  • 口座開設してるなら最低取引金額で試す
  • 取引の履歴を記録する

勝率55%以上なら、問題なく本取引で使う手法として導入してOK。

なぜなら、ペイアウト率が最低の1.85倍でも、勝率が55%以上出せればマイナスは避けれます。

逆に55%以下であれば、逆張り以外の手法を探しましょう。

1日の取引金額を決める

感情で取引しないためです。

例えば、僕は本記事を書くにあたり2万円を投資し、8,850円を儲けました。

もし「1日の取引金額は2万円」と決めていれば、利益8,850円で終了。

しかし取引金額を決めていない場合「もうちょっと稼いでみるか」と資金を投入してしまいますww

つまり、稼げる取引というのは欲が出ちゃうんですよね。マジで危険。

負けても勝っても、1日使える金額を固定しておけば損を最小限に抑えることができます。

クソ上司にマウントを取らない

周りに対して態度を変えると「あなたが稼いでいる」ことがバレます。

もしバレたら、色々と面倒。

  • タカられる
  • 上司に白い目で見られる
  • 仕事を増やす嫌がらせを受ける

ハイローオーストラリアの逆張りで稼いでいることは隠しつつ、上司を心の底から軽蔑してあげればOK。

コツコツ貯金して、ある時ふと「退職届」をぶん投げてやりましょう(`・∀・´)
とりあえず、逆張りやってみるわww
うんこ上司に「おいうんこ」っていう日も近いな
では、今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です