【実録】ハイローオーストラリアの「両建て」で勝ちが安定する!

【実録】ハイローオーストラリアは両建てで勝ちが安定する!
バイナリーで安定して勝てる方法とか、ないの?
ハイローオーストラリアを使った「両建て攻略法」は覚えておいたほうがいいよ!
この記事の内容

  • ハイローオーストラリアで「両建て」を使って稼ぐ方法【初心者向け】
  • 「両建て」と「転売」を使ってより大きく稼ぐ方法【やや上級者向け】
  • ハイローオーストラリアで両建てを使うときの注意点3つ

ども、マツオカです。

今回はバイナリー初心者向けに「できる限り安定して勝てる取引手法」を紹介。

「両建て」という取引手法を使います。ハイローオーストラリアの取引ルールとの相性が抜群なんで、月5万~10万円の利益を狙う初心者はまず覚えておいて損はないですよ。

実際の取引結果も公開します。昨日の夜にトレードしたもの(笑)

前置きはさておき、さっそく見ていきましょう〜。

「両建て」とは?初心者におすすめな理由

両建てとは?

  • HighとLowに同時エントリーする方法
  • 高度な分析・ツールなどは不要
  • ペイアウト率次第で利益が出せて、損失も少なくできる

両建てとは「High」と「Low」に同時エントリーする手法のこと

上記のとおり。

「初心者でも簡単にできて、なおかつ稼ぎやすい方法」です。

バイナリーには大量の取引手法があるけれど、両建てはその中で最も簡単な部類。分析も不要で、やり方さえ覚えれば今すぐに実戦で使える攻略法として人気なんですよね。
同時にエントリーするだけだから、すぐにマスターできるよ。

両建てで利益が出せる仕組み

High・Lowどちらかが当たることで、少しずつ利益を出すことが可能です。

ハイローオーストラリアには、ペイアウト率が2倍を超えている取引が存在。

両建てならどちらか一方が当たるため、トータルプラスに持っていくことができるんですよね。

ペイアウト率2倍を超える取引
Turboスプレッド 30秒取引 2.30倍
1分取引 2.20倍
3分取引 2.05倍

上記のとおり。

ペイアウト率2.3倍という数値は、数あるバイナリー業者の中でもダントツです。

※詳しくはハイローオーストラリア全取引のペイアウト率【狙い目も解説】にまとめました。

例えば1万円をHigh・Lowに両建てすることで、外れた方は1万円マイナス。しかし的中した方のリターンは2.3万円になるんで、1回あたり3,000円の利益を出せます。
ペイアウト率が高いから、ハイローオーストラリアでの両建てが良いってことね?
そう。少ないけれど、ほぼ確実に利益が出せるのが両建てのメリット。

ハイローオーストラリアを両建てで攻略する方法

  • Turboスプレッド取引を使用
  • High/Lowに同時エントリー
  • あとは待つのみ!

やるべきことは上記。すごくシンプルです。

順番に見ていきましょう。

ペイアウト率が高いTurboスプレッドで両建てする

1番右側の「Turboスプレッド」を選択

上記のとおり、1番右側の「Turboスプレッド」を選択。

掛け金は自由ですが、はじめのうちは1,000円~5,000円くらいにしておくと良いですよ。

【公開】実際に30秒スプレッド取引で両建てしてみた結果

ハイローオーストラリアで、20回両建てを繰り返した結果を公開します。

Turboスプレッド30秒取引で両建てエントリーを開始

Turboスプレッド30秒取引で両建てエントリーを20回繰り返した結果

両建てエントリーの結果

  • 総取引回数:20回(実質10回)
  • 勝ち:9回(58,500円)
  • 負け:11回(55,000円)
  • トータル収支:プラス3,500円

はい。30秒取引を4~5分繰り返して3,500円の利益。

億を稼ぐトレーダーからするとしょぼい金額ですが、副業トレーダーにとっては充分ですよね。

やればやるほど稼げるから、時間があるときに試してみると良いよ。

【上級編】「両建て」と「転売」を組み合わせてより確実に稼ぐ方法

  • 負けそうな方を「転売」することで損失を減らす
  • 両建ての利益に加え、損失を減らせるので大きく稼げる
  • やや上級者向けで、ただの両建てよりも少し難易度が上がります

両建てと一緒に覚えておくと強いのが「転売」。

ハイローオーストラリアには転売機能があり、うまく使うことでよりスピーディに稼ぐことが可能になります。

参考までに、方法を解説しますね。

「転売」とは?

いわゆる「途中決済」のことで、勝負を諦める代わりに損失を減らせるというメリットがあります。

Highlow.comでは転売を使って損切り(ロスカット)することができます

勝敗が決まる1分前まで転売をすることが可能。

途中で「負け」を認めることで、その時点でのペイアウトを受け取ることができるシステムです。

(例)

  • 転売せず負けた場合 1万円→0円
  • 転売して負けを認めた場合 1万円→3,000円(※残り時間によって変動します)

上記のとおり。

負け額を減らすことができ、なおかつ的中した方のペイアウト率は変わらないまま。

通常の両建てより判断が難しいものの、1回の利益額を一気に増やすことができるわけです。

転売が使えるのは3分以上の取引から

30秒・1分などの短期取引では、転売を使うことはできません。

したがって「両建て+転売」を使う場合、3分以上の取引を選ぶ必要があります。

それぞれのペイアウト率と転売の可否は以下のとおり。

転売ができる・できない取引
取引時間 転売の可否 ペイアウト率
Turbo取引 30秒 × 1.95倍(2.30倍)
1分 × 1.90倍(2.20倍)
3分 1.90倍(2.05倍)
5分 1.85倍(2.00倍)
Highlow取引 15分 1.85倍(2.00倍)
1時間 1.90倍(2.00倍)
1日 1.95倍(2.00倍)

 

ペイアウトが2倍を下回ってしまいますが、転売することで負けた方の損失が減る。

トータルでプラスに持っていけるんで、安定した利益を狙う人は試してみるのが良いでしょう。

【公開】実際に5分取引で両建て+転売を使ってみた結果

1番人気のTurbo5分取引で、「両建て+転売」でどのくらい稼げるか試してみました。

転売は勝敗決定の1分前まで可能。

リスクとリターンのバランス的に、「締め切り2〜3分前の時点で負けそうな方」を転売するのがコツです。

Turbo5分取引で、いつも通り両建てエントリーする

負けそうな方を、両建てにより損切りしてペイアウトを獲得

残った方の建玉のHigh・Lowが的中すれば、ペイアウトに転売分が上乗せされて稼げる

両建て+転売エントリーの結果

  • 総取引回数:20回(実質10回)
  • 勝ち:10回(42,500円)
  • 負け(転売):10回(28,549円)
  • トータル収支:プラス13,951円

上記のとおり。

取引回数は同じですが、両建てだけで攻めるよりも利益が上がりますね。

両建てのみの取引に比べ、転売の判断をしなければならないので少し大変。時間もかかります。しかし慣れれば簡単ですし、確実に稼げるメリットがありますよ。

ぜひやってみてください。

※なお、まだ転売操作に慣れるまではデモ取引で練習してからの方が良いですね。

転売は操作をミスると、一気に不利になるからね。そこだけ注意。

ハイローオーストラリアで両建てするときに注意するべきこと

  • 一気に稼ぎたい人には不向きです
  • 操作にある程度の慣れが必要です
  • レンジ相場では両建てが機能しないこともあります

ここまで両建てのメリットを語ってきましたが・・・。

「100%勝てる最強の方法」ではないということは理解しておいた方が良いですね。

あくまでも1つの「戦略」に過ぎないわけでして、相場の状況によっては他の手法を使う方が良い場合ももちろんあります。

順番に深掘りしますね。

どちらかというと「安定志向」の人向けです

High/Lowどちらかは必ず外れるんで、通常の取引よりも1回の利益は少なくなります。

1000万円や1億円などを稼ぎたいトレーダーには、両建ては向きません。

事実、いわゆる「億トレーダー」と呼ばれる投資家は、ほとんど両建てを使わずエントリーしているようです。

ほぼ確実に的中できるプロの投資家ならば、わざわざ両建てしなくても稼げるわけなんでね・・・。両建ては、僕たちのような「発展途上トレーダー」が少しずつ資金を増やすための手法と言えます(笑)
1回の利益額は、どうしても「片方に賭ける手法」より少なくなるよね。

約定エラーの発生に注意【操作に慣れる必要アリ】

素早くHigh・Lowに同時エントリーする必要がありますが、たまにエラーとなる場合があります。

Highlow.comでエントリーがうまく反映されずエラー表示が出ることがあります

上記が表示された場合、エントリーができてません。

するとHighのみ(Lowのみ)でエントリーしたことになり、単なる運ゲーになってしまうので注意が必要。

  • エントリーの間隔が短すぎるとエラーとなる可能性あり
  • ボタンクリック後、きちんと約定されたか確認すること
  • エラーが出ても焦らず、もう一度エントリーボタンを押して両建てを完成させよう
操作ミスと、エラー。両建てはきっちりできないと意味がないから、練習が必須なんだよね。

トレンドがない平坦な相場には不向きです

いわゆる「レンジ相場(動きがない相場)」では、両建てが全く機能しないこともあります。

というのも、Turboスプレッド取引には「引き分け」の可能性が存在するから。

スプレッドとは「幅」のこと。

Highlow.comのスプレッド取引はペイアウトが高いものの、エントリーしてから一定の値動き幅を超えなかった場合「ドロー」と判定されます

上記のように、エントリーしてから一定の値動き幅を超えなかった場合「ドロー」と判定されます。

ドローと言っても実質は「負け」。掛け金が0円になってしまうので、High・Lowそれぞれに1万円かけていたらトータルで2万円をドブに捨てることになってしまうわけです。

本記事で公開した取引結果にも、1回だけドローが発生しています

ハイローオーストラリアには、17種類の通貨ペアが用意されてます。

しっかりとトレンド発生している通貨ペアを探して、両建てを仕掛けるようにするのがポイントですね。

間違っても、レンジ相場しかないからって運任せで両建てしないように。ときには様子見も重要だからね。

まとめ|ハイローオーストラリアは両建てが有効

本記事のポイントをまとめます。

POINT

  • ハイローオーストラリアはTurbo30秒スプレッドを始め、ペイアウト率2倍超えの取引が存在
  • 「両建て」を使うことで、負け額より勝ち額のほうが多くなり、少しずつ利益を出すことが可能
  • 少し上級者向けではあるが、両建てに「転売」を組み合わせることでより大きく稼ぐことも可能
  • ただし、両建てが100%うまくいくとは限らない点に注意
  • トレンドが発生していないと機能しないんで、ときには様子見しましょう

上記のとおりですかね。

本記事で紹介した「両建て手法」は、ハイローオーストラリアでしか使えません。

他の業者はペイアウト率が2倍以下のため全く意味のない手法ですし、転売も他のバイナリー業者では使うことができないんですよね。だからこそ、条件の良いハイローオーストラリアを選ぶのがおすすめってことです。
ハイローオーストラリアに人気が集まるのは、これも1つの理由。

ハイローで取引をするならば、覚えておくと戦略の幅が増えるはずですよ。

両建てで、寝る前30分ほどで2~3万円を稼ぐ。

ぜひやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です