【本質】ハイローオーストラリアでぼろ負けした後の対策こそが最重要

うさ太郎
ハイローオーストラリアぼろ負けしてもうた!…もうマヂ無理…リスカしょ…。
マツオカ
落ち着け。ここから成長していけばええんや。

ハイローオーストラリアでぼろ負けした経験は僕もあり、辛い気持ちはよく分かります。

しかし、そこで折れるか折れないかで今後の人生が変わるといっても過言ではありません。

さて、今日はこんな悩みを深堀していきます。

本記事の内容

  • ハイローオーストラリアでぼろ負けした後に要注意
  • ハイローオーストラリアでぼろ負けする理由
  • ハイローオーストラリアでぼろ負けした後の対策が肝心
マツオカ
ぼろ負けは防げる。それをしっかりと伝えたい。

ハイローオーストラリアでぼろ負けした後に要注意

ハイローオーストラリアでぼろ負けした後に要注意

  • ぼろ負けを取り戻そうとする
  • ハイローオーストラリアでのぼろ負けで日常生活で荒れる
  • ぼろ負けをしないために高額コンサルを受ける

ぼろ負けした後は上記のNG行動に走りがちなので要注意です。

順に、解説していきます。

ぼろ負けを取り戻そうとする

負けを取り戻すためにエントリーした時点で、負けです。

バイナリーオプションで一番大事なことは「自分が勝てると思った時にだけエントリーすること」です。

当たり前の話だと思うのですが、ぼろ負けした人間の思考はその「当たり前」が分かりません。

うさ太郎
あ、それっぽいチャンス来た!今日は10万円負けてるから、10万円でエントリーしちゃおう。きっと大丈夫。いつもは、5000円でエントリーしてるけど。
マツオカ
こういう人間の末路は決まっている…
うさ太郎
ど゛う゛し゛て゛だ゛よ゛お゛お゛ぉ゛お゛!゛!゛!゛20万も゛負゛け゛ち゛ま゛っ゛た゛!゛!゛!゛

ハイローオーストラリアでのぼろ負けで日常生活で荒れる

ぼろ負けした金額が給料を超えると自暴自棄に陥りやすいです。

そりゃ、一ヵ月分の給料が吹き飛んだら「一ヵ月タダ働きだな」と思うのも無理はありません。

その現実を見たくないから、酒に溺れ、その状態で取引するから負ける。最後にはこんな借金までしてしまうような悪循環を本当に発生します。

重要なのは「もう二度としない」と前を向くこと。それが出来ないならバイナリーオプションをやめることですね。

マツオカ
気持ちは分かるけど、こればっかりは勉強代と割り切るしかないな。

ぼろ負けをしないために高額コンサルを受ける

詐欺師は「弱った心」につけこむプロです。

バイナリーオプション攻略は、独学で十分です。デモ取引もありますしね。

しかし、負けが続くと「やっぱり教えてもらったほうが最終的な損失は少なくて済むかもしれない」と思う事も多くあるでしょう。

それはある意味では正しいのですが、儲かるノウハウを教えてくれる人はいません。教えると言ってくれる彼らは、あなたの金にしか興味が無いですよ。

マツオカ
そもそも自分の武器を全て明らかにするのがヤバイ。僕もそれは出来ない。

ハイローオーストラリアでぼろ負けする理由

ハイローオーストラリアでぼろ負けする理由

  • ハイローオーストラリアでぼろ負けするまでエントリーしたから
  • 資金管理が出来ていないから
  • バイナリーオプションの投資手法について知らない

順に、解説していきます。

ハイローオーストラリアでぼろ負けするまでエントリーしたから

バイナリーオプションは掛け金以上に損をしない投資です。

ぼろ負けになるまで、掛け金を積み重ねた結果がぼろ負けです。

掛け金以上に損をする可能性がある信用取引のFXならまだしも、バイナリーオプションでぼろ負けは完全に自己責任なんですよ。

  1. 掛け金を抑える
  2. 資金の10%を失ったら取引しない
  3. 感情が抑えられなくなったら絶対に取引をしない

このような対策をしなかった結果が、ぼろ負けってことですね。これは次に解説する資金管理にも大きく関わってきます。

資金管理が出来ていないから

ハイローオーストラリアでいくら稼ぎたいかで取引していませんか?

仮に月30万円儲けたいとしましょう。そのときは、月30万負けてしまう可能性もあるわけです。

それが受け入れられる状態なのか。それをしっかりと認識し管理していくことが資金管理です。

初心者の頃は、掛け金も少ないでしょうから気にしない方も多いかと思いますが、本格的に稼ぐとなると資金管理は必須ですよ。

バイナリーオプションの投資手法について知らないから

戦略なしでの投資は博打と一緒です。

最低限のテクニカル分析は知っておかないと、相場ではボコボコにされるだけ。

みんなは武器を持っているのに、自分だけ持っていなかったらぼろ負けするのは当たり前です。

月5万円稼ぐまでの勉強法は用意してあるので、参考にしてみてください。

【初心者向け】バイナリーオプションの0から5万円稼ぐまでの勉強法

ハイローオーストラリアでぼろ負けした後の対策が肝心

ハイローオーストラリアでぼろ負けした後の対策が肝心

  • ぼろ負けした時こそ自分の弱さが出ている
  • 修行としてデモ取引を行う
  • 取引ルールをより強くする

負けた時こそが成長する絶好のチャンスです。

ぼろ負けした時こそ自分の弱さが出ている

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

この言葉は、プロ野球の野村克也監督が好んでいた言葉です。

まさにその通りで、負けに偶然はないんですよ。原因があります。

その原因を追究し、改善策を用意することでぼろ負けをしにくい環境が整っていきます。

修行としてデモ取引を行う

ぼろ負けするくらいなら無料のデモ取引

ぼろ負けする前に取引をやめて、自分のロジックが本当に正しいのかデモ取引を行いましょう。

ぼろ負けする時って、「このままで大丈夫か?」という不安な気持ちを抑えながら取引していることが多いんですよ。

勝ち組トレーダーはそういう時に、デモ取引に戻って、ロジックの有効性を再確認してから取引を開始します。これが負け組との差と言っても過言ではありません。

取引ルールをより強くする

困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。

上記は、「発明王」とも称された、「トーマス・エジソン」の名言です。

ぼろ負けして困った時こそ、次の扉を開くとき。改善すれば、おのずと取引ルールが強化されています。

現象には必ず理由があります。それを理解して、取引ルールを強化していきましょう。

ハイローオーストラリアでのぼろ負けは99.9%防げます

ハイローオーストラリアでのぼろ負けは99.9%防げます

✅本記事の結論

  • ハイローオーストラリアでぼろ負けした後の行動に注意
  • ぼろ負けするまでエントリーしなければぼろ負けしない
  • ぼろ負けした後こそ成長のチャンス

ぼろ負けから学ぶこともありますが、わざわざぼろ負けする必要もまたありません。

この記事を読んだあなたには、ぼろ負けせずに、ハイローオーストラリアを攻略してもらいたいです。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です