ハイローオーストラリアの判定時間を解説【初心者でも稼げる取引方法とは?】

初心者
ハイローの判定時間って色々あるし、取引方法も種類あって、何がなんだか分からんわ
マツオカ
おけ。この記事読んだら、どう違うか分かるようになるよ。1番稼ぎやすい取引方法も教えちゃる

今回は、各取引の判定時間や取引方法の違いについてお話します。

✅ この記事で分かる事

  • ハイローの判定時間や取引方法の違いが分かる
  • 1番稼ぎやすい取引方法が分かる

ハイローオーストラリアの判定時間とは

ハイローオーストラリアでは7種類の判定時間があります。

ハイローオーストラリアの判定時間

だけど、HighLowとTurboでは、判定時間の基準が全く別なので、次でそれぞれ説明します。

HighLowの判定時間

HighLowの判定時間は、最初から決まってます。

どういうことか、というと……

HighLowの判定時間

HighLowは取引する前から、判定時間や締め切りの時間が決まってるんです。

  • 判定時間の1分前まで購入出来ます
  • この場合の判定時間は9:50

HighLowの取引ルールは、文章で説明すると、以下の通り。

9:50の時には「今購入した価格より高くなってるか、安くなってるか予想してください」というルール。

HighLowの取引ルール

  • Aで購入した場合、Highなら負け。Lowなら勝ち
  • Bで購入した場合、Highなら勝ち。Lowなら負け

「今、購入した時より、指定されている判定時間の価格は高いか、低いか予想する」これが、HighLowの判定時間の特徴です。

Turboの判定時間

Turboの判定時間は、購入した時点から〇分後が判定時間です。

Turboの判定時間

この『 1分 』を好きな時間に設定出来ます。

Turboの判定時間は、以下の4種類。

Turbo・Turboスプレッドの判定時間

30秒 / 1分 / 3分 / 5分

今、購入した時間から、設定した取引時間後の価格は高いか、低いかを予想する」これが、Turboの判定時間の特徴です。

HighLowとTurboどっちが初心者向けなのか

初心者は絶対にTurboです。

HighLowがダメという訳ではないですが、初心者向けではないんです。

  • 指定されている時間の価格を読む事は、プロでも無理ゲー
  • 1回の取引時間が最低15分と長い

なので、初心者でもハイローオーストラリアで稼ぐならTurbo1択です。

判定時間の特徴的に、Turboの方が簡単なんで、初心者はTurboを選ぶべき。

これでハイローの判定時間の違いは理解出来たと思います。

次は、スプレッドをアリにするか、ナシにするかアドバイスします。

スプレッドはあり?なし?

スプレッドはあり?なし?

スプレッドは、無しを選びましょう。

スプレッドありは、単純に不利です。

なので、初心者はスプレッドが無い『 Turbo 』を選びましょう。

スプレッドありの取引は、こんなに不利

スプレッドありの取引は、こんなに不利

  • ①スプレッドは、価格の横に「+/-0.30」などが付く
  • ②・③現在価格よりも0.30高い値段でHighを購入。または、0.30安い値段でLowを購入しないといけない

今、世界中で取引されている値段が『 104.647 』ですが、常にスプレッド分の差を付けて購入が成立するんです。

スプレッドが『 +/- 0.30 』の場合
実際の取引価格 Highの購入価格 Lowの購入価格
104.647 104.650 104.644
104.648 104.651 104.645
104.649 104.652 104.646

察しが良い人は、もう気付いてますが、スプレッド分不利な理由が分かりますね。

では、同じ『 実際の取引価格 』で購入した場合の勝利条件を確認してみましょう。

スプレッドが0.30 Highで取引する場合
項目 実際の取引価格 購入価格 勝利条件
Turbo 104.647 104.647 104.648以上
Turboスプレッド 104.647 104.650 104.651以上

表を見て分かると思いますが、スプレッドが0.3の時は実際の取引価格よりも4は上がらないと勝てないんです。

ですけど、スプレッドなしは、1でも上なら勝ちなんです。

つまり、スプレッドありだと、スプレッドなしよりも価格が動かないと、勝てないんです。

初心者
あ゛~もう!ついていけねぇ!
マツオカ
『 スプレッドは不利、ハイリスクだから初心者は禁止 』って覚えておけば良いよ

やってみたら分かりますが、スプレッドありは割とキツイですよ。

デモ取引はこちらから

スプレッドは、判定時間によって幅が違う

判定時間まで短ければ短い程、スプレッドは小さいです。

例えばTurboスプレッド

Turboスプレッド

  • 30秒/1分は0.10
  • 3分は0.20
  • 5分は0.30

HighLowスプレッドは、判定時間までの時間が短ければ短いほど、スプレッドは基本的に狭くなります。

HighLowスプレッドの判定時間を1時間にした場合
判定時間までの長さ スプレッド
判定時間59分前の場合 0.40~0.60
判定時間5分前の場合 0.20~0.30

初心者は、スプレッドを選ばない事

シンプルに不利なので、初心者は選ばない事。

価格の変化が激しい時間帯は、あえてスプレッドを選んで、高いペイアウト率を狙う方法もありますよ。

まとめ 判定時間の違いと、初心者でも稼げる取引方法

判定時間の違いと、初心者でも稼げる取引方法

判定時間はHighLowとTurboでは、違います。

取引方法 判定時間
HighLow 最初から指定されてる時間
Turbo 購入した時間から30秒後~5分後

プロでも指定された時間を予想するのは無理ゲーなんで、迷わずTurboを選びましょう。

初心者は、スプレッドなしで。

✅ スプレッドなしを選ぶ理由

  • スプレッドは、単純に不利
  • リスクを取らず、堅実に勝つ事が大事

ハイローオーストラリアで月5万円稼ぐポイント

結論、初心者はTurboを選ぶのが、ハイローオーストラリアで月5万円稼ぐポイントの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です