【真相】ハイローオーストラリアのおかしい点3つを徹底解明してみた

【真相】ハイローオーストラリアのおかしい点3つを徹底解明してみた
ハイローオーストラリアっておかしいよな!?絶対ウラでなんか不正やってるよな!?勝てねえもん!
俺もおかしいと感じるところあったんだけど・・・調べたらそうでもないっぽい。

ども、マツオカです。

ハイローオーストラリアでバイナリー取引やってると、たまに「おかしい」と感じる。

明らかに連敗するとか、チャートの動きがおかしいとか・・・。負けが混んでくると、僕もイライラして「もう辞めてやるわこの○○が!(自粛)」みたいなことがあるんすよ(笑)

先日もたった1日で8万円ほどやられまして。泣きましたね。

なんかモヤモヤしたんで、おかしい点について真剣に調べてみることにしました。

その結果を本記事に記しておきます。

上記の目次のとおりなんですが・・・。

ハイローオーストラリアにはやっぱり罪がなさそうなんですよね。

おかしいのは、自分の負けをハイローのせいにしてる僕自身だったってことです(笑)

ハイローを選んだのはやっぱり間違いじゃなかった。少しは前向きになれたよ。

【真相】ハイローオーストラリアのおかしい点を徹底解明してみた

【真相】ハイローオーストラリアのおかしい点を徹底解明してみた

3つのおかしい点

  • 異常に負けが続く
  • チャートが偽物・操作されてる
  • 約定拒否が多すぎる

おかしい点①|異常に負けが続く?

「上か・下か」の的中率は50%のはずなのに、なぜか連続して外れます。

あなたも経験があるはず。

異常に負けが続くことがありますよね。

バイナリーオプションは、相場が上がるか・下がるかの二者択一。

何の根拠もなくエントリーしても、2分の1の確率で勝てることで人気となりました。運さえ良ければ、何の努力もなしに稼いでいけるのがバイナリーの魅力とよく言われますよね。

しかしハイローオーストラリアで投資を続けていると、恐ろしいほどに負けが重なることがある。

ハイローオーストラリアで投資を続けていると、恐ろしいほどに負けが重なることがある

僕が過去に味わった連敗

  • 必ず予想が裏目って6連敗
  • すべてHigh予想→オールLowで7連敗
  • 絶望の8連敗でまさかの資金切れ

↑上記のように、「運が悪かったね」じゃ済まされないような連敗をする日があるんすよね・・・。

その時に思うわけです。

「確率50%なのにこの連敗は絶対におかしい!」って(笑)

真相:10連敗くらいなら全然あり得る

確率を計算したら、僕が味わった8連敗なんて全然大したことなかったです。

自分が連敗を食らうと「こんなのあり得ない・・・」と思っちゃうんすよね。

しかし実際には、起こり得ても全くおかしくない確率。

勝率50%のハイロー取引における連勝・連敗確率は下記のとおり。

連勝・連敗数 発生確率(%) 発生確率(1/○)
1 50% 1/2
2 25% 1/4
3 12.5% 1/8
4 6.25% 1/16
5 3.125% 1/32
6 1.5625% 1/64
7 0.78125% 1/128
8 0.390625% 1/256
9 0.1953125% 1/512
10 0.09765625% 1/1024
11 0.048828125% 1/2048

ハイローオーストラリアで10連敗する確率は0.09765625%。

「%」で見るととんでもない数字に見えるけど、実際には1/1024なんです。

日本のバイナリー人口は約5万人ほどなんで、毎日50人ほどが10連敗をしている計算。

交通事故に遭うよりもよっぽど高い確率で、10連敗は平然とやってくるってことです。5~7連敗くらいなら、もはやいつ起きてもおかしくないんですよ。

逆に言えば、同じだけ連勝できる可能性も秘めてるってこと。

連敗したときのみ「おかしい!」と決めつけるのは確率論を無視した言動だったようです。

8連敗とか天文学的な確率だと思ってたけど・・・そうでもなかった。

おかしい点②|チャートが偽物?操作されてる?

チャートが完全なる嘘で、ハイローがウラで操っているという疑惑です。

バイナリーでは、実際の為替相場をレートに反映。

例えばユーロ/ドルの値動きがチャートにリアルタイム表示され、これから相場が「上がるか・下がるか」を予想する投資です。

ハイローオーストラリアのチャート

しかし、負けが重なると下記のような疑問が浮かんでくるんですよ・・・。

  • このチャート、本物か?
  • 本当にリアルタイムで相場を反映してるのか?
  • 実は、ハイローが裏で操作してるんじゃないか?

↑はい。こんな感じ。

疑い始めたら落ち着いて投資なんてできません(笑)

真相:チャートに不正やイカサマはなさそう

確かに実際の相場と少しズレがありますが、ハイローによる操作の可能性は限りなくゼロでした。

まずMT4などの分析ツール上で見るチャートと、ハイローオーストラリア取引画面のチャートにズレがある件。

これは提携してるレート配信元が違うことが原因でした。

ハイローオーストラリアのレート配信元

上記はハイローオーストラリア公式サイト「取引条件」のページで確認可能。

ハイローオーストラリアのレート配信元

  • FXCM社
  • LMAX社
  • BitMEX社

上記と異なる配信元によって表示されているチャートと見比べると、若干のズレがあるのは仕方ないこと。

僕やあなたの見ているチャートと、ハイローHP上のチャートで相違が起きるのは、提供している業者の違いによるものってことです。

相場(通貨の値段)を分かりやすいチャートに変換してくれる会社は、たくさんあるからね。

またハイロー公式サイトでは、直近の判定レートが一覧表示されてます。

ハイロー公式サイトでは、直近の判定レートが一覧表示されてます

ハイローオーストラリアではこれまでの相場の値動きを一般に公開。

もし不正に操作していたらすぐバレるわけなんで、チャートの操作の可能性は限りなく低いと言えます。

どれだけ調べても、過去にハイローが不正操作で罰せられたという情報はなし。

チャートに関しておかしいと感じるのは完全に錯覚のようです。

おかしい点③|約定拒否が多すぎる?

エントリーボタンをクリックしても、ここぞという時に約定拒否されてイライラすることがあるんですよね。

約定拒否とは、エントリーを行ったにも関わらずそれが認められず弾かれてしまうこと。

ハイローバイナリーは最短30秒で勝負が決まるんで、タイミングは重要。

しかし約定拒否をくらい、機会損失することが度々ありました。

ハイローオーストラリア約定拒否

↑上記のとおり、約定拒否(エラー)の表示が出てエントリーできない。

せっかく分析して、最高のタイミングでエントリーしたのに通らない切なさ。

刻一刻とチャートは動いていくんで「あそこでエントリーできてたら勝ってたのに(泣)」というパターンがめちゃくちゃ悲しいんすよね。

たまになら仕方ないと思えるんですが・・・。

約定拒否が多すぎると「おかしいよね?故意にやってませんか?」と感じるのは無理もないかなと。

真相:むしろ投資家のための仕組みだった

ハイローによる約定拒否は、僕たち投資家を破産リスクから守るためのセーフティーネットでした。

「おかしい」とか言ってスミマセンって感じです。

なぜ、しばしば約定拒否が起きるのか?理由は下記のとおり。

約定拒否が起きるとき

  • エントリー直前に大きく相場が動いた場合
  • 同時期に多数のエントリーが集中した場合

約定拒否は、投資家が意図せず負けてしまうことを防ぐために存在。

そのためエントリー時にレートが激しく変動した場合、キャンセルが起きるシステムになってます。

サーバーとの通信の関係上、エントリーボタンを押してから実際に約定されるまでには若干のタイムラグがあり、その間に急な値動きがあったらどうしようもないんですよね。

投資家のリスク回避のために、あえて約定拒否を搭載しているってわけです。

約定拒否で命拾いすることも結構あるからね。許す。

【朗報】ハイローオーストラリアはおかしい業者じゃない

https://bo-highlow.jp/wp-content/uploads/2021/02/cc91da5e07e44cb61802497c095e3d8a.jpg

冷静に考えると、おかしい業者だったらとっくに営業停止されてますよね。

ハイローオーストラリアは2010年の5月に開設。

わりと新しい海外の取引所なんですが、わずか10年ほどで人気No.1に躍り出てます。

その間に不正やイカサマがなかったからこそ、右肩上がりで利用者が増え続けているわけですね。

バイナリーオプション自体に疑惑が多い

シンプルすぎるゲーム性が、いわば「悪徳パチンコ店」のような疑惑につながってます。

「上がるか・下がるか」を当てたら資金が2倍。

単純明快な取引が特徴のバイナリーオプションには、たたでさえ悪評がつきまとうんですよね。

バイナリーオプションにかけられる疑い

  • 投資ではなくギャンブルなのでは?
  • 分析や相場予想など、意味がないのでは?
  • 違法カジノと同じなのでは?

上記のとおり。

FXや株式投資とは異なる取引なんで、シンプルさを受け入れられない人も多数。

僕はたまたまバイナリーが自分に合っており、毎月少しだけど利益を上げられるようになりました。

しかし投資界ではやや「異端児」扱いされていることは否めないんですよね・・・。

ハイローがおかしいというより、バイナリー自体がおかしいって意見が多い。

他のバイナリー業者はもっとおかしい

バイナリーがいまいち日の目を浴びないのは、悪質な業者が多いからだと思うんです。

日本人のほとんどが、投資と聞くとFXや株式投資を思い浮かべます。

その証拠に、日本人でバイナリーやってる人ってめちゃくちゃ少ないんですよ。

FX口座 75万人以上が利用
バイナリー口座 5万人が利用

↑上記のとおりで、バイナリー利用者が圧倒的に少ないという現状。

これは日本の法律がバイナリーに厳しいという理由と共に、ハイローオーストラリア以外の業者が明らかに悪質であることが原因です。

特に国内バイナリー業者は、規制のせいで明らかにおかしい。

100%負けるようにできてます。

国内バイナリーの現状

  • 投資家による総取りの禁止
  • 短期取引の禁止
  • 変動ペイアウト制
  • 2WAY価格表示
  • 面倒な知識確認テストを義務化

バイナリーオプションの良さを全て消して、劣化版FXのような取引に。

そりゃあ、おかしいって言われても不思議じゃないんですよね(笑)

バイナリーオプションをやるならば、海外業者を選ぶのは投資家の中では当然の流れ。

ハイローオーストラリアより、他の業者のほうがよっぽど「おかしい」と言えます。

国内業者でも試しにバイナリーしてみたら良い。ハイローのまともさが分かるはず。

負けた人・詐欺にあった人がおかしいと情報を流す

僕自信がこの記事を書きながら思ったのは「敗北者によるいちゃもん」になってるってことです(笑)

負けが続いてイライラ。

お金が減ってムカムカ。

その結果、自分の実力不足にも関わらず、ハイローオーストラリアのせいに。

  • 負けた人 → 「(こんなに負けるなんて)ハイローオーストラリアは何かおかしい!」
  • 詐欺られた人 → 「(詐欺に使われてるってことは)ハイローオーストラリアはおかしい!」

↑上記のような意見が増えてるって感じですね。

え。バイナリーには詐欺があるん?
ある。ハイローに登録させて、高額な取引ツールを売りつけるとかね。

ハイローオーストラリアは詐欺師にとって格好のエサ。

人気・知名度ともにNo.1のハイローを利用させることで信用を得ておいて、全く根拠のない攻略情報を売りつけるなどの詐欺行為が多発してます。

ハイローオーストラリアがおかしいと情報が流れるのは、ハイローを利用した詐欺師が多いからとも言えるわけです。

バイナリー詐欺については、»【衝撃】バイナリーオプションのインスタ美女が全員詐欺師である件の記事を読んでもらえれば怖さが分かるかと。

あなたは騙されないように。バイナリーは独学で大丈夫ですからね。

まとめ|ハイローオーストラリアがおかしいは嘘でした

本記事でお伝えした重要ポイントをまとめておきます。

POINT

  • ハイローオーストラリアがおかしいというのは思い込み
  • ①確率上、10連敗くらいならざらに起こりうる
  • ②チャート不正は公式サイト上で明確に否定されている
  • ③約定拒否は投資家を守るための仕組み
  • 国内業者を始め、他のバイナリー業者の方がよっぽどおかしい

上記のとおり。

ハイローオーストラリアがおかしいという疑惑はたびたび浮かんでくるものの、負けたことによる色眼鏡だったってことです。

投資家の8割が利用するハイローオーストラリアが不正を始めたら、僕はバイナリー辞めます(笑)

【補足】じゃあなぜ、ハイローで勝てないのか?

おかしい業者じゃないのに勝てないのは、シンプルに「練習不足」です。

僕が月20万ほど勝てるようになったのは、デモ取引でひたすら練習を続けたから。

29〜30歳の1年間は、ほとんどデモ取引だけで本取引はしてなかったんですよね。

あの1年はマジでただの修行だった。
バイナリーを始めたての頃の僕

  • 給料が出たからハイローに入金
  • とりあえず「勘」でエントリー
  • 負けて後悔・ふて寝&会社サボる

始めたての頃は上記のようなクソ初心者でしたが、練習を重ねれば勝てるようになります。

ハイローオーストラリアがおかしいという様々な疑惑は、調べればすぐに晴れるものばかり。

デモ取引は無料ですし、入金も会員登録も不要。

僕も今後は、ハイローのアラ探しではなく練習に時間を使うよう心掛けたいと思います(笑)

それじゃあ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です