【初心者向け】バイナリーオプションで覚えるべき用語15選【これだけでOK】

【初心者向け】バイナリーオプションで覚えるべき用語15選【これだけでOK】
バイナリーに関する用語、いろいろ多すぎて覚えられない・・・。
俺もほとんど覚えてないよ。初心者に必須の用語だけ紹介するわ。

どうも、マツオカです。

ようやくバイナリー収益が月20万円ほどで安定してきた僕ですが、以前は専門用語なんて全然知りませんでした(笑)

他サイトには『RSI』『DMI』『移動平均乖離率』などワケの分からない用語が並ぶ。初心者向けと言っておきながら、「これくらい知っとかないとね!」と上級者マウントを取ってきて・・・萎える。

本記事では、覚えても意味のない難しすぎる用語は全て省きます。

副業レベルで稼ぐのに必須な、本当の意味での「初心者向け用語集」をつくりました。

本記事は3分あれば読み終わります。

しかし他サイトを見ると100個以上用語の解説をしてるんですよ。まさに時間泥棒。

バイナリーオプション初心者は基礎用語だけサクッと覚えて、あとは「実践」あるのみ。僕もそうやって学んできました。

※初心者が月5万円を稼ぐための手順は【初心者】バイナリーオプションで稼ぐ5つのSTEP【もう失敗しない】にまとめてあります。

初心者が知っておくべきバイナリーオプション用語

初心者が知っておくべきバイナリーオプション用語

これだけ覚えればOK

  1. バイナリーオプション(BO、バイオプ)
  2. ハイロー(High/Low)
  3. レート・チャート
  4. 判定時間(取引時間)
  5. 通貨ペア
  6. 約定(エントリー)
  7. ペイアウト
  8. トレンド相場・レンジ相場
  9. 順張り・逆張り
  10. デモ取引
  11. 転売(途中決済)
  12. テクニカル分析
  13. ファンダメンタル分析
  14. MT4(メタ・トレーダー4)
  15. 業者(バイナリー業者)

上記15個を覚えておけばまず困らない。

初心者向けに解説をしていきますね。

用語①|バイナリーオプション(BO、バイオプ)

一定の時間後、為替レートが上がるか・下がるかを予想し取引する投資。

上がるか・下がるかの二択のみ。他に面倒な駆け引きはありません。

シンプル・簡単な取引が人気となりました。

(例)ドル/円の価格が「上がる」と予想

  • → 予想が的中すれば掛け金が増える(ペイアウト)
  • → 予想が外れれば掛け金は没収

FXなどの投資と違い、掛け金以上の損失が生まれることはないのが魅力。

少額から始められ、損失もコントロール可能ですね。

バイナリーオプションは初心者向けの投資モデルと呼ばれるのはこれが1番の理由です。

用語②|ハイロー(High/Low)

ハイローの持つ「2つの意味」

  • バイナリー取引(High or Low)
  • ハイローオーストラリア(Highlow.com)

バイナリーオプションで取引することを、「ハイローする」と言ったりします。

また、バイナリーオプションの世界で最も有名な業者である「ハイローオーストラリア」を略してハイローと呼ばれることがあり、こちらの意味合いの方が主流。

ハイローオーストラリアのバイナリー取引画面

ハイローオーストラリア(Highlow.com)を使ってる人は、「ハイロー」と聞いたらすぐに上記画面が頭に浮かぶはず。

みんな「ハイロー」って言ってたのは、バイナリー業者のことだったのか!
そう。人気が凄まじいから、略語まで作られたw

用語③|レート・チャート

レートとチャート
レート 1ドル=120円など、為替の値動きのこと
チャート レートの値動きを見やすくグラフ化したもの

レートとは、つまり「相場」のこと。

1ドルが100円のとき『現在のドル円レートは、1ドル=100円だよ〜』などという言い方をしますね。

しかし数字だけじゃ投資するのに参考にしにくいってことで、作られたのがチャート。

Highlow.comのチャート

刻一刻と値動きするレートを、一目見て分かるグラフにしたものです。

バイナリー取引では・・・

  • レートが「上がるか・下がるか」で勝敗が決まる
  • チャートを見ながら今後の予想をし、エントリーする
たまに「チャートの値動き」って言ってる人いるけど、チャートはただのグラフ。値動きするのはレート。

用語④|判定時間(取引時間)

エントリーしたバイナリーオプションの勝敗が決まるまでの時間のこと。

例えば「判定時間1時間」ならば、エントリーしてから1時間後のレートで結果が決まります。

判定時間は業者により様々で、Highlow.comでは下記7種類の取引時間が存在。

ハイローオーストラリアの判定時間(取引時間)

  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分
  • 15分
  • 1時間
  • 1日

呼び方としては「判定時間5分」とか「取引時間3分」とか「1分取引でエントリーする」とかですかね。

開始30秒の段階では負けてても、1分後に逆転して勝てることも。

判定時間はバイナリーオプションにおいてとても重要なんで、ぜひ覚えておきましょう。

用語⑤|通貨ペア

レート(相場)の対象となる、2ヶ国の通貨の組み合わせのことです。

例えば先述の「ドル/円」も、通貨ペアの1つ。

USD/JPY、などと表記されます。

Highlow.comで取引できる通貨ペア一覧
AUD/JPY(豪ドル/日本円) AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル) AUD/USD(豪ドル/米ドル)
CAD/JPY(カナダドル/日本円) CHF/JPY(スイスフラン/日本円) EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド) EUR/JPY(ユーロ/日本円) EUR/USD(ユーロ/米ドル)
GBP/AUD(英ポンド/豪ドル) GBP/JPY(英ポンド/円) GBP/USD(英ポンド/米ドル)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円) NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル) USD/CAD(米ドル/カナダドル)
USD/CHF(米ドル/スイスフラン) USD/JPY(米ドル/日本円)
どの通貨ペアが1番良いの?
初心者はEUR/USDなど、規模のデカい国の通貨ペアを中心に取引していくと良いよ。

もし今、アメリカ大統領が何かトンデモナイ失言をしたら・・・?

はい。ドルを売りさばく投資家が増え、EUR/USDのレートが下がりますね。Lowエントリーのチャンスってことです。

用語⑥|約定(エントリー)

エントリーが成立することを「約定(やくじょう)」と言い、投資では取引成立を指す用語。

“やくてい”じゃないんですね(笑)

「High/Low」を選択し、取引ボタンを押すことを「エントリーする」と言います。

「High/Low」を選択し、取引ボタンを押すことを「エントリーする」と言います

エントリーが成立すると「約定した」ことになり、あとは結果を待つのみ。

いっぽう何らかの理由でエントリーが拒否されることもあり、「約定拒否」と言います。

約定拒否が起きる理由

  • ネット回線のエラー
  • エントリー寸前に急激な値動きがあった場合
  • 一気に大量の投資家がエントリーした場合

エントリーしても弾かれちゃうことがたまにあるんで、覚えておいてください。

用語⑦|トレンド相場・レンジ相場

トレンドとレンジの違い
トレンド相場 レートが上下どちらかの方向に値動きしている状態
レンジ相場 レートに動きがほとんどない状態

トレンドとは「流行」、レンジとは「均衡」ですね。

チャートで見ると分かりやすくて、下記のとおり。

トレンド相場

レンジ相場

バイナリーオプションでは、トレンド相場のときに予想がしやすいという特徴があります。

  • トレンド相場 → チャートがどちらかに動いているので予想しやすい
  • レンジ相場 → High/Lowがはっきりしていないので予想しにくい

初心者は、トレンド発生している通貨ペアを探してエントリーするのがコツ。

レンジ相場もいつかはトレンド発生するんで、それまでじっと待つのも有効な作戦ですね。

用語⑧|ペイアウト

ハイロー予想の結果により、掛け金がいくらになって戻ってくるかが変わります。

ペイアウトとは「払い戻し」のこと。

バイナリーオプションでは、High/Lowを当てれば掛け金が増え、外せば0円となるシンプルなペイアウトです。

(例)バイナリーオプションのペイアウト
取引結果 ペイアウト金額 ペイアウト率
勝ち 1000円 → 2000円 2.0倍
負け 1000円 → 0円 0.0倍

上記のとおり。

なお、的中した場合に掛け金が何倍になるかの倍率を「ペイアウト率」と言い、高ければ高いほど利益が出しやすい。

ハイローオーストラリアでは業界最高のペイアウト率(1.85倍~2.30倍)を誇り、利用者が増え続けてます。

※ペイアウト率について詳しくはハイローオーストラリア全取引のペイアウト率【狙い目も解説】の記事をどうぞ。

ペイアウトが低いと利益が出せないからね。重要な用語。

用語⑨|順張り・逆張り

  • 順張り → トレンドの流れ通りにエントリーすること
  • 逆張り → トレンドの流れとは逆方向にエントリーすること

初心者はまず、セオリー通りの「順張り」から覚えましょう。

トレンド相場において、勝率を上げることができるからです。

チャートが上向きなら、Highでエントリー

チャートが下向きなら、Lowでエントリー

チャートが上がり調子ならHigh、下がり調子ならLow。簡単なんでやってみてください。

いっぽうトレンドに逆らってエントリーする「逆張り」は、上級者向け。

チャートの反転を予測する必要があり、冷静な分析と情報力が必要。はっきり言って、バイナリーオプションを逆張りで勝てるならもうプロと呼んでOK。

僕も全然、逆張り安定しないんで・・・(笑)

用語⑩|デモ取引

お金を使わず、練習用画面で取引をすることです。

バイナリーオプションをやる初心者が1番覚えておくべきはデモ取引。

お金を使うことなく、本番と同じ取引画面・チャートを使って模擬取引ができます。

ハイローオーストラリアのデモ取引画面

ハイローオーストラリアのデモ取引

  • 仮想の100万円を自由に使える
  • チャート・取引画面・ペイアウト率など全て本番と同じ
  • 会員登録不要で使い放題

他のバイナリー業者では、登録もしくは1万円以上の入金をしないとデモ取引させてくれないことが多いんですよね。

ハイローオーストラリアでは、ふらっとサイトに訪れた人でも使えるデモ取引画面を解放。

実際にトレードせずとも、無料で取引の体験をすることができます。普通にゲームとしても面白いんで、1,2回運試ししてみても良いと思います。100万円を自由に使えるなんてなかなかない(笑)
俺も遊び半分でデモ取引をやってた。そしたらいつの間にかガチになってたw

用語⑪|転売(途中決済)

判定時間を迎える前に、その時点のレートで決済をすること。

転売と聞くとメルカリを思い出しがちだけど、バイナリーの転売は意味が違います。

ようは「途中で勝負を降りる」ってことで、基本的には損失を少しでも減らすための決済方法。

例えば1時間判定にHighでエントリーしたものの、30分経過時点でチャートが下がりまくった場合・・・。「あ〜あ、負けたわ(確信)」となりますよね。こういうときに転売を使う。

予想が外れ、掛け金が0円になるのを防ぐため転売している画面

上記のとおりで、その時点で定められたペイアウトを受け取ることができます。

負けそうな時に転売を使うメリット

  • 指をくわえて判定時間まで待つ必要がなくなる
  • 負けてはいるものの、少しのペイアウトを受けることができる
  • 掛け金が0円になるのを防ぐことができる

損失を最小限にして次の取引へと切り替えられます。

転売はバイナリーに特有のシステムなんで、デモ取引で実際に試してみてください。

30秒や1分などの短期取引では使えないものの、知っておいて損はない決済方法です。

用語⑫|テクニカル分析

チャートの動きを統計的に分析し、エントリーに役立てること。

FXや仮想通貨でも馴染みの深い用語。

ようは、一見すると予測がつかないチャートの動きを、統計学的に分析して法則を見つけ出そうという手法です。

(例)有名なテクニカル分析

  • ローソク足
  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド

も・ち・ろ・ん、こんなの今は覚えなくてOK。

高度なテクニカル分析しないと勝てないとか言ってるサイトも多いけど・・・甚だ疑問。

僕自身も、テクニカル分析はそんなに詳しくないです。勉強とか数学とか苦手だし。でも勝ててるから別に大丈夫(笑)

気になるものだけググる程度で充分。まずはテクニカル分析という用語の存在だけ知っておけばOK。

興味がある人は「バイナリー テクニカル分析」などで検索すればいろいろな手法が出てきますよ。

用語⑬|ファンダメンタル分析

テクニカル分析と違い、景気や世界経済の状況を中心として分析していく手法です。

テクニカル分析は「数字こそ正義(キリッ)」みたいな雰囲気。

いっぽうファンダメンタル分析は「数字も良いけど、実際の景気とか国と国の貿易とか、そういうのも考慮に入れたいよね」という感じの分析手法です。

ファンダメンタル分析の例

  • 各国が公表している景気の状態
  • 各国の主要な経済指標
  • 各企業の売り上げ
  • 世界中の投資家の動向
  • 各国の要人による重大な発言

上記のように、幅広い様々な情報を織り込んで分析。

例えばアメリカ大統領が変わったら、米ドルの価格が一気に動きますよね。

当然そこにはトレンドが発生するんで、狙い目になってくるって感じです。

僕もやってたこととして、バイナリーオプション初心者はハイローオーストラリア取引画面の経済ニュース欄をチェックするところから始めましょう。充分すぎるほどファンダメンタル分析に使えます。

ハイローオーストラリア取引画面の下に出てくるニュース

テクニカル分析もファンダメンタル分析も、今は用語だけ知っときゃ問題ないよ。

用語⑭|MT4(メタ・トレーダー4)

テクニカル分析のために使われる、超有名な無料ツール。

「ちょっくら、分析して勝率アップしたいわぁ・・・」というステージにきた初心者〜中級者が、必ず使ってるのがMT4。

無料でスマホにも対応しており、使い勝手抜群です。

その他の有料ツールや、誰かの作った高額ツールは要りません。ほぼ詐欺なんでね(笑)

MT4(メタトレーダー4)

MT4公式サイトはこちら

今すぐ使えってことではないけど・・・今後、どこかのタイミングでMT4に興味を持つはず。

パソコンで「お気に入り保存」しておくといいかもですね。

俺は分析は苦手。でもPC・スマホどっちもMT4入れてるよ。

用語⑮|業者(バイナリー業者)

バイナリーオプション取引をWeb上で提供している会社のこと。

いつからか、バイナリー会社を総称して「業者」と呼ばれるように。

僕がバイナリーオプションを始めた2010年ごろは、まだ「バイナリー会社」とか「バイナリー口座」とかって言われてた気がするんすけどね(笑)

バイナリーに関しては業者の数が多すぎて、悩んでいる人も多いと思います。

僕が使用するハイローオーストラリアも、もちろんバイナリー業者の1つ。ペイアウト率も高く、出金トラブルもないんで思考停止で選んでも後悔はしませんよ。

業者によって評判はピンキリ。中には悪質な業者も存在。

特に国内バイナリー業者を使うのは少し待ったほうが良いと思います。

国内バイナリーの状況

  • 法規制により海外業者に比べルールが厳しい
  • ペイアウト率が軒並み低い・業者が勝手に変更できる
  • 1日の取引上限が12回までしかない
  • 最低でも2時間超の長期取引しかできない

上記のとおり、デメリットが大きいです。

特にバイナリー初心者は「とりあえず楽天かな・・・」みたいな感じになりがち。僕もそうでした。

しかしハイローオーストラリアなど人気の海外業者を使うと、二度と国産には戻れない(笑)。

日本は良い国だけど・・・バイナリーに関しては遅れてる。マジで。

バイナリーオプション初心者は用語など知らなくても良い

バイナリーオプション初心者は用語など知らなくても良い

理由は?

  • 用語だけ知っていても稼げないから
  • 用語ばかり並べるサイトにはウラがあるから

本記事で解説した15個の用語さえ知ってれば、問題なくトレードできますからね。

用語を勉強するより、実際にトレードしたほうが100倍マシだよって話です。

バイナリーオプションでは、掛け金が1万円なら負けても損失はピッタリ1万円。マイナス10万・20万へと負債が膨らむFXや仮想通貨より、リスクが少ないのは間違いないんですよ。
俺もFXなんて怖くてできないw

理由①|用語だけ知っていても稼げないから

野球中継見ながら「そこはカーブだろぉ~(怒)」とうんちくを垂れるおっさんを思い出してほしいんですよね(笑)

詳しいのと「できる」のとは違います。雲泥の差。

テレビの前でうんちくを垂れるおっさんは、詳しいのにプロ野球選手じゃない。なぜか?練習してないからですよね。

バイナリーオプションをはじめ投資の世界でも一緒だと思います。

理由②|用語ばかり並べるサイトにはウラがあるから

わざわざ誰も使わないようなバイナリー用語まで網羅してるのは、サイトの訪問者を増やすためです。

アクセスが多いサイトには、LINEへの登録リンクや、ツール販売ページへのリンクなどが貼ってある。

サイトに訪れたバイナリー初心者に向け、宣伝をしてます。

バイナリー用語を並べるサイトのLINE誘導

バイナリー用語を並べるサイトの有料ツール誘導

サイトでの宣伝のやり口

  1. 難しい用語をズラリ並べて解説
  2. 真剣に学びたいバイナリー初心者も、さすがに集中力が切れる
  3. ふと広告が目に入り、無意識にクリック

↑こういう狙いがあるわけですよ。

どう考えても、用語なんて最低限で良いです。

知りたくなったら、その都度ググればOKなのでね。

まとめ|バイナリーオプション初心者が覚えるべき用語について

15個の用語を再掲しときますね。

これだけ覚えればOK

  1. バイナリーオプション(BO、バイオプ)
  2. ハイロー(High/Low)
  3. レート・チャート
  4. 判定時間(取引時間)
  5. 通貨ペア
  6. 約定(エントリー)
  7. ペイアウト
  8. トレンド相場・レンジ相場
  9. 順張り・逆張り
  10. デモ取引
  11. 転売(途中決済)
  12. テクニカル分析
  13. ファンダメンタル分析
  14. MT4(メタ・トレーダー4)
  15. 業者(バイナリー業者)

上記さえ理解しておけばもう十分すぎる。他に事前勉強など不要です。

僕も未だに用語についてそこまで詳しくないけど、用語でマウント取ってるサイト運営者よりはバイナリーで利益出してるはず(笑)

全部のサイトが「悪」ってわけじゃないよね?
そうだね。中には善意で100個以上のバイナリー用語集を出してるサイトもあるかも。
でも、最低限の用語さえ知っとけば稼ぐスタートラインには立てるってことね。
そう。難しい説明するサイトってつい「正しい」と思い込んじゃうじゃん?信者化させて、有料ツールを売り込むってのも1つの狙いだと思うんだ。

上記のとおりですかね。あくまでも個人の意見ですけど(笑)

本記事で紹介した15の用語を覚えたら、もうチュートリアルは終わったも同然。

安心してバイナリーの世界に飛び込んでOKですよ。

まずは僕がハマるきっかけになったハイローのデモ取引をぜひやってみてほしい。用語を10個覚えるより、デモ取引を1回。上達への近道です。

お試しプレイ後「合う・合わない」を判断して、入金するか決めてるのがいいでしょう。

それじゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です