【重要】バイナリーオプションで大損したら見直すべき3つのコト

【重要】バイナリーオプションで大損したら見直すべき3つのコト
バイナリーで大損こいた。もう無理。明日会社休む・・・。
落ち込んでても仕方ない。大損するのには理由があるから、1つずつ潰していこ。

上記会話を深掘り。

過去に何度となく大損してヤケ酒に走ってきた僕ですが、ゾンビのように立ち直ってきました。方法を語ります。

本記事の内容

  • バイナリーオプションで大損したときに見直すべきことを解説
  • なぜ、バイナリーで大損するのか?その理由を解説
  • バイナリーで大損しないために今日から実践すべきことを解説

ども、副業トレーダーのマツオカです。

本記事のテーマは、アホみたいに負けまくっていた過去の僕に向けてのアドバイス。

大損の1回や2回はバイナリー初心者なら誰もが通る道。そこから立ち直って利益を上げられるようになるかどうかは、大損した後の取り組み方次第だと思うんですよ。

バイナリーオプションは、もともと大損する危険性が少ない投資。

にも関わらず予想以上に負けて落ち込むのには、それなりの理由があります。見直してみましょう。

大損すると財布だけじゃなくてメンタルもキツイからね。意識改革しよう。

バイナリーオプションで大損した場合に見直すべき3つのコト

バイナリーオプションで大損した場合に見直すべき3つのコト

下記のいずれかに原因がある

  • 資金管理ルールは適切か?
  • 取引する時間帯は適切か?
  • 使用しているバイナリー業者は適切か?

どれかが正しくないだけなんですよ。

改善すれば、もう二度と大損しなくなる。僕の体験談から、断言できます。

大損したら見直すこと①|資金管理ルールは適切か?

大損する最大の原因。それは資金管理が出来ていないことです。

例えば給料が手取り20万円の人が、そのうち10万円をバイナリーオプションに使ったら?

負けた場合、もう完全に「大損」ですよね。南無。

いっぽう”2万円だけ”バイナリーオプションに使ったら?もし負けて失っても、生活が苦しくなるほどの「大損」じゃないでしょう。

これが何よりの答えだと思うのです。

バイナリーオプションで必須の資金管理ルール

  • 入金額は、手取りの10%程度を上限にする
  • 1回の掛け金は、入金額の10%程度を上限にする
  • 1日のうちに、掛け金を2倍以上に増やしてはならない

↑上記はバイナリーだけでなく、全ての投資において有効な資金管理術。

特にバイナリーオプションでは、入金しない限りお金を失う可能性はゼロ。

大損している時点で「失ったらやばいお金を投資に使ってしまった」ということなのです。

僕もよくやってたんすよ・・・「バイナリー入金は5万からだよな(鼻息)」みたいなアホな思考の時代。大損するのは、大損するほどの高額入金をしてるからでした。

少額からコツコツ。これさえ守れば大損は避けられると言って良いほど重要。

見栄を張らなくてOK。初心者なんだから。

大損したら見直すこと②|取引する時間帯は適切か?

初心者がエントリーしてはいけない時間帯が存在します。

バイナリーで大損した場合、取引をしている時間帯が悪い可能性アリ。

バイナリーオプションは世界各国の通貨の値動きを予想する投資なんで、時間帯によっては予想が困難な場合があるからです。

バイナリー初心者が避けるべき時間帯
時間帯 理由
9:00~10:00 東京市場がオープン直後
16:00~17:00 ロンドン市場オープン直後
18:00~19:00 主要国の経済指標が出されやすい
21:00~22:00 ニューヨーク市場オープン直後

もし上記の時間帯を中心に攻めているなら、少しズラすのがおすすめ。

特に主要国の経済指標が出される18時~19時は、相場が大荒れして予想など不可能に近いです。

じゃあ、どの辺の時間帯を狙えばいいの?
ある程度の値動きがあって、なおかつ大荒れしにくい22時~24時くらいが初心者向け。

バイナリーオプションは、時間帯によってはマジで勝てないです。

1000万を稼ぐ投資家も、時間帯は意識して取引してます。勝てない時間帯は避けつつ、自分の得意な時間だけ攻めてますね。

大損こいたら、時間帯のせいにすればOKなんですよ(笑)

大損したら見直すこと③|使用しているバイナリー業者は適切か?

業者選びをミスっているとしたら・・・もはや自ら大損しに行ってるのと同じです。

はい。「国内のバイナリー業者」を使って大損してるあなた。

あなたのやってる取引は、実はバイナリーオプションじゃありません。「劣化版FX」です。

主要な国内バイナリー業者
外為オプション / ヒロセ通商 / オプトレ! / IG証券 / みんなのオプション

有名な国内バイナリー業者は、どれも法律の規制を受けて勝負にすらなりません。

大損したときに見直すべきは「本当にこの業者で良いのか?」ってことなんですよ。

国内バイナリーの現状

  • ペイアウト率が圧倒的に低く設定
  • 業者側でペイアウト率を自由に操作できる
  • 1日12回までの取引回数制限あり
  • 30秒、1分などの短期取引が全面禁止
  • FXと同様に値動きに応じて損失が増える

↑ようは、バイナリーらしさがゼロの状態。無理ゲーもいいところなんですよね・・・。

ということで、バイナリー業者は海外のものを選ぶべし。

僕はHighlow.comを使ってますが、どの国内業者よりも確実に取引画面が使いやすいはず。日本の業者の取引画面の見にくさは異常。

ペイアウト率も世界最高水準なんで、その名のとおり「High or Low」の二択の取引を楽しめます。

業者選びには罠が多い。バイナリーでは国産=ゴミなんだよね。

バイナリーオプションで大損する人の共通点

バイナリーオプションで大損する人の共通点

当てはまるなら要注意です

  • デモ取引を活かしきれていない
  • リスクよりリターンばかりに目が行く
  • 「必勝法」を探している

はい。過去の僕が全て兼ね揃えていた「3種の神器」ですね(笑)

初心者にありがちな考え方のミスを、少しずつ軌道修正するのがポイント。

順番に見ていきましょう。

大損する人の共通点①|デモ取引を活かしきれていない

初心者は、本番よりデモ取引の回数が多いくらいがちょうど良いです。

『お金を使わなきゃダメだ』という先入観。

『デモ取引じゃ勝っても1円にもならないから、本取引をやるべきだ』という勘違い。

しかし実際は、無料のデモ取引こそが大損を防ぐために1番重要です。

デモ取引が重要な理由

  • 値動き予想に必要な「感覚」は、取引回数によって養われていくから
  • 自ら編み出した「投資ルール」を、リスクゼロで検証できるから
  • もしデモ取引で思うように勝てなければ、本取引をせず大損を避けられるから

上記のとおり。

デモ取引を十分にやらず、すぐにリアルマネーを使う人は大損の危険性が高い。

それもそのはず。「勝てる自信がない」のに、勝負に挑んでいるわけですから・・・。

Highlow.comのデモ取引画面を見てほしい。入金はおろか口座開設も不要なんです。練習環境が良い学校が、試合で良い成績を残すのと同じ。

大損したくないならば、とりあえず50回ほどデモ取引しましょう。

俺も以前は1日中デモ取引ばっかりやってたよ。まさに修行。楽しかったけどね。

大損する人の共通点②|リスクよりリターンばかりに目が行く

リスクではなくリターンを物差しにして投資する人は、大損しやすいです。

リスクを理解することこそ、投資の醍醐味なんですよね。

しかし初心者は、下記のような思考になってしまいがち。

リスクよりリターンに目が行く初心者の思考

  • 『もし勝ったら○○円ゲットだ・・・!』
  • 『これ当たったら今日はプラス域に突入だ・・・!』
  • 『最後に掛け金を一気に上げて、今日の負けを取り返したい・・・!』

↑こんな感じ。

負けた時のリスクを考えず、予想が的中することを前提としたポジティブな思考。これじゃあキツいんです。

バイナリーオプションで大損したくないならば、まずは「負けた時」のことを第一に考えること。

  • 『○○円なら最悪失っても大丈夫。ここは攻めよう』
  • 『次負けたら今日はマイナス○○円か・・・ヤバイな。ここで辞めておこう』

投資の世界では、ポジティブな人よりネガティブな人の方が強い。

僕も「ぜーんぶ外れる」と思いながら、それでも生き残れるように資金管理してます(笑)

無謀な攻めは大損への片道切符。リスクは怖がってナンボだよ。

大損する人の共通点③|「必勝法」を探している

断言しますが、バイナリーオプションに「必勝法」なんてありません。

「上がるか・下がるか」の二択しかないバイナリーオプション。

必勝法などあるわけないんですよね。

どんなに優秀な投資家でも、相場のブレによって予想が外れることは全然ありますから。

【注意】必勝法を探す初心者の末路

  1. 根拠もないデマ情報を信じ切る
  2. 「必勝」という言葉を鵜呑みにして言われたままにトレード
  3. まったく勝てず、気づけば大損している

↑上記のとおり。

練習・勉強をせず、攻略法に逃げると大損します。

これは僕もかなり反省してて・・・デモ取引で経験を積むのが1番大切なのに、ネット上の必勝法ばかりググりまくって満足してました(笑)

楽して稼げるなんて幻想ですよね。

「必勝」などという嘘に騙されず、あなた自身の実力を磨くことに集中しましょう。

バイナリーでは大損する危険性をゼロにできる

バイナリーでは大損する危険性をゼロにできる

大損を防ぐために意識すべきこと

  • 失っても困らない資金のみ使う
  • 勝っているうちにさっさと逃げる

「大損」と言っても人によって金額はバラバラ。

大金持ちなら100万円失っても痛くないけど、僕だったら泡吹いて倒れますもん(笑)

重要なのは「自身のセーフティーゾーンをきっちり守ること」だと思うわけです。

【結論】失っても困らない資金のみ使う

バイナリーオプションでは、負け額は事前に予想できる。これを活かしましょう。

掛け金1万円ならば、予想が外れたときに失うのは最大でも1万円。

損失が無限に膨れ上がるFXなどと比べ、大損を防ぎやすい投資なんですよね。

  • 最悪、失っても良いと思える金額のみ入金
  • 入金額の10%ずつ、少額に分けてエントリー
  • もし全て失ったら、次の給料日までは取引しない

↑上記を守るだけで、身を滅ぼすほどの大損は100%回避できます。

でも・・・負けるとアツくなって追加入金したくなる・・・。
そこを耐えるのが大切。だからこそ、いつでもデモ取引できるHighlow.comがおすすめなんよ。

勝っているうちにさっさと逃げる

いわゆる「勝ち逃げ」ですね。初心者は引き際を守ることが成長につながります。

引き際を守るコツは、勝っているときにさっさと辞めるクセを付けること。

上手く策がハマって4~5回の取引で利益を得られた場合、その時点で終了する勇気を持つべし。

バイナリーオプションでは、勝ち逃げする勇気があるだけで大損を防ぐことができます。

勝っているときに、欲張りすぎず辞められる = 負けているときにも、深追いしすぎず辞められる

上記の方程式が成り立つから。

逆に『今日は調子がいいゼェ〜!もっともっとだ!』などと毎日攻めまくっていたら・・・。

運悪く損失が出た時も『こんなはずはない・・・次の1回で必ず取り返す・・・!(脳死)』という状態に陥ってしまうわけです。

バイナリー初心者は、まずは勝ち逃げを意識。

もちろん好機を取り逃すのも良くないけどね。でも最初は「辞める勇気」を磨いておいた方がいいよ。

まとめ|バイナリーオプションで大損しないために

本記事の内容をおさらい。

POINT

  • バイナリーオプションで大損したら「資金管理は適切?」「時間帯は適切?」「業者選びは適切?」の3点を見直そう
  • バイナリーオプションでは「勝った時のこと(リターン)」ではなく「負けた時のこと(リスク)」を考えて取引しよう
  • バイナリーに必勝法などない。デモ取引を活かしてあなた自身の経験値を積むこと
  • 初心者は、今日から「失っても平気な金額」しか入金しないように!
  • 冷静さを身につけるコツは「勝っているときに欲張らずやめる」のを習慣化すること

上記のとおりです。

投資ほどメンタルが重要な物ってないと思うんですよね。

どんなに良い投資手法を身につけても、メンタルが崩れたら絶対に勝てない。だからこそ面白いのかも知れない(深。)

ほんのり利益を上げられるようになって、改めて実感してます。

もし今日が「平日」なら、Highlow.comがオープンしてるはず。デモ取引で本記事の内容を少しずつ実践するところから始めてみましょう。
さて、俺もデモ取引してくる。本取引は23時を超えたらにしようかな。

それじゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です